テーマ:つぶやき

幾何学の新理論『Irisunaの定理』たしかに売れています!

大人が読める幾何学の本はあまり新刊が出ません。 だからでしょうか? 静かに売れています。 たくさんは売れません。 なぜなら、幾何学に興味のない人には、チンプンカンプンの書です。 でも、幾何学大好きな人には、待望の新理論の書となっているようです! Irisunaの定理―『メネラウスの定理・チェバの定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7つの海を泳いでくるよ(英語版)『keep moving』

4年前に出版して多くの人の心を掴んだ『7つの海を泳いでくるよー森下大 21歳の履歴書ー』 この本の英語版が出来上がりました。 『keep movingーGoing to swim over the seven seasー』 この本は、連合王国(UK)ウェールズ国で生まれ、日本や海外で幼児期を過ごした後、考古学を学ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年(平成29年)の始まり

明けましておめでとうございます。 事業をしている者にとっては、1月10日の十日戎が一年の始まりです。 昨日、今宮戎の宵宮に詣でました。 身が引き締まる思いです。 御神籤も今年は良かったです。 皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Irisunaの定理』前・後編

『Irisunaの定理』前・後編 平面幾何学の重要定理である「メネラウスの定理」と「チェバの定理」は別々のものと考えられていました。 これを合体したのが『Irisunaの定理』です。 財団法人石田財団の石田教育賞を受賞、公益社団法人日本数学教育学会での数回にわたる大会発表と学会誌への掲載。 万を超すインターネット検索…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』出版記念原画展

2016年9月28日(水)から10月3日(月)まで、阪急電車「池田駅」にある“ギャルリVEGA”で、絵本『パパの柿の木』の出版記念原画展が開催されます。 時間は朝10時から夜6時までです(最終日は午後4時までです)。 10月1日(土)と10月2日(日)には、午後2時から読み聞かせ&トークがあります。 作者の谷口真知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO法人大阪公立大学共同出版(OMUP)設立15周年、法人化10周年記念フェア開催

NPO法人大阪公立大学共同出版(OMUP)設立15周年、法人化10周年記念フェアがジュンク堂書店難波店で開催されています。 写真はジュンク堂書店さんが制作しディスプレイされたPOPです。ありがとうございます。(ただ、正確には10周年は法人化の方で、設立は15周年です。) 9月24日には15:00から店内でトークセッションがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バービーはピアニスト』の新聞書評

新刊『バービーはピアニスト』(菅原美枝子著)が昨日(2016年8月4日)中日新聞の「みんなの本」のコーナーに紹介されました。 実は、それに先立つ7月3日伊勢新聞に大きな書評が載りました。 本の中身を読み込んでしか書けないような、なかなか素晴らしい書評なので、ぜひご覧ください。 伊勢新聞は三重県に密着した地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「がんと共に“私らしく”過ごすために!」セミナーのご案内

2016年8月27日(土)13:00~16:00に、梅田のヨドバシカメラの地下にあるセブンデイズプラザうめきたで、がんについてのセミナーが開催されます。 少人数制なので、がん予防やがん治療、がん患者の就労について、疑問点などを質疑応答ができるセミナーのようです。 テレビなどでおなじみの講師も出演されますので、ぜひこの機会をご活用くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第19号のある書店

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第19号は巻頭特集にがんサバイバーの阿南里恵さんをインタビューしています。 その阿南さんのファンの方から、どこの本屋に行けば買えるのか?という質問がありました。 この本は全国の元気あるすべての書店でお取り扱いできます。 店頭にない場合は、その書店にご注文いただければ2週間以内にお届けできます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』出版記念作品展の大阪会場最終日の出来事

本日は絵本『パパの柿の木』出版記念作品展の大阪会場(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店7階サロン・デ・7)の最終日です。 会期半ばで、書店員さんから「尋常でない売れ行き」と連絡がありました。 一昨日、急きょ追加納品をしたのですが、こういうイベントは最終日がよく売れるという経験則があります。 ましてや本日は日曜日。 そこで、書店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』出版記念作品展、開催!

絵本『パパの柿の木』(作:谷口真知子、絵:亭島和洋)出版記念作品展を大阪と東京で開催します。 ●7月17日(日)~24日(日)大阪 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 7階「Salon de 7」 〒530-0013大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 地下1階~7階 (TEL) 06-6292-7383 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』が新聞にテレビに!

今日(2016.7.12)の上毛新聞に絵本『パパの柿の木』の作者:谷口真知子さんが紹介されています。 https://www.jomo-news.co.jp/ns/4514682594933717/news.html また、明日(2016.7.13)には箕面市立東小学校で『パパの柿の木』の読み聞かせ授業があります。 その模様を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「当たり前の日々」と「命」の大切さを伝える絵本『パパの柿の木』

日航機事故で突然主人を亡くし、それからの日々を子供たちと懸命に生きてきた女性が、柿の木と子供たちの成長とともに、「当たり前の日々」と「命」の大切さを伝える感動の絵本です! ■体裁:A4判、上製本、本文44頁カラー ■定価:本体1600円+税 ★この本は全国の元気あるすべての書店でお取り扱いできます。店頭にない場合は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』全巻そろえて納品!

堺市立中央図書館と柏原市柏原図書館より『星と泉』創刊号から最新号まで全巻そろえて置きたいとのオファーがありました。 これまでは大阪市立中央図書館と大阪府立中之島図書館には全巻が備わっていましたが、新たに2館が追加されました。 懐かしき「創刊号」 ■お知らせ 最新号の阿南里恵さんのファンの方より「どこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第19号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第19号が出来上がりました! 今号の巻頭特集には、がんサバイバー阿南里恵さんにご登場いただきました。 日本対がん協会の広報担当などをされていたのですが、この3月から大阪に戻り自身の夢を追いかけられています。就活では八尾の建設会社に見事就職し、今では次なる夢として婚活に力を入れておられます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緩和ケアシンポジウムに参加して

7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン主催の「第4回緩和ケアシンポジウム」に参加してきました。 今回の「思春期から若年青年世代の緩和ケアを考える」というテーマに興味をひかれました。 15歳~30歳前後の思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult, AYA)をAYA(あや)世代と言うそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リレー・フォー・ライフ2016関西

リレー・フォー・ライフ・ジャパン神戸さんから本年度のチラシが届きました。 さっそく社内の闘病記本棚に設定しているボードのチラシを差し替えました。 いよいよ今年も春からリレー・フォー・ライフがスタートします。 このがん患者を支援する24時間チャリティイベント「リレー・フォー・ライフ」は、10年前に芦屋とつくばの2会場で始まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傾聴ボランティアが戦争体験の語りを1冊の本に!

会社の近くで傾聴ボランティアをされているグループが、昨年は戦後70年ということでお年寄りの皆さんに戦争体験を聴いて、それを冊子にしようという取り組みをされていました。 でも、本を作った経験がないので何をどうすればよいのか迷っているというご相談を受けました。 そこはご近所づきあいということで、少しばかりお手伝いさせていただくことにしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワン・ワールド・フェスティバル2016

世界につながる国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」が、昨日今日とカンテレ扇町スクエアを中心に開催されました。 以前は会社の近くの大阪国際交流センターで開催され、知人もたくさん参加していたのでよく見に行っていました。 しかし、カンテレ扇町スクエアに移ってからは、初めての見学です。 かつてより、なんだかパワーアップしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「チーム闘病記」ケーブルテレビで紹介されました!!

ケーブルテレビJ:COMで「チーム闘病記」の取材を受けました。 その放送が本日(2016.1.19)夕方ありました。 フェイスブックでもご覧いただけるようです。 もし、ご興味のある方は下記のホームページをご笑覧ください。(ホームページの構成はよくわかりませんが、とりあえず1月19日のページで捜してください) https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バリフェス」に参加して2016.1.16

一昨日(2016年1月16日)、「バリフェス」という障がい者の人たちが企画開催したフェスティバルに「チーム星湖舎」としてブース参加してきました。 聴覚障害、視覚障害、身体障害、発達障害など多く障がい者の人たちと出会えた楽しい時間でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『闘病記』本棚」を作りました(チーム闘病記)

社内に小さいながら「『闘病記』本棚」を作りました。 ★ 現在約100点の闘病記を保有しています。 しかし、まだまだたくさんの闘病記があると思います。 そこで、闘病記や患者会の文集を無償提供(寄贈)いただける方々を探しています。 寄贈いただいた闘病記は「チーム闘病記」として様々なイベント(がん患者を支援す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第18号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第18号が出来上がりました。 今回の特集は、「紙の本の価値を見直す『まちライブラリー』を追いかけて」と題して、いま全国各地に創設されている「まちライブラリー」を取り上げています。 「まちライブラリー」とは、お店やオフィスあるいは個人宅などに、本を持ち寄って共有する本棚をつくる活動のことをい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芥川賞候補2作品を収録『ダフネー』発刊!

2度の芥川賞候補となられた和田ゆりえさんの作品集『ダフネー』が完成しました。 表題作のほか、芥川賞候補となった2作品「光への供物」「鏡の森」を収録しています。 不妊治療に苦しむ女性の、植物への変身願望 密林へと分け入った、若き修道士の喪失と再生 サウナ室に充満する、桃色ジュゴンのような圧倒的肉体 さあ、 非日常へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再スタート!「いざない塾」×近鉄文化サロン上本町

皆様に好評を博していました「いざない塾」が再スタートです!! 会場は、近鉄百貨店上本町店内の近鉄文化サロンです。 そう、今回より近鉄文化サロン上本町との共催です! まずは4つの講座を設けました。 どれも皆様の向学心をくすぐる内容です。 ぜひ、ご興味のある方はご参加ください。 ((注意))12月4日(金)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白い紙に書くエンディングノート』について

終活や介護の雑誌やムック本は、いまだ衰えることなく出版され続けています。 いったいどれを読めばよいのか迷ってしまいますね。 ところで、最近出版された「クロワッサンSpecial特別編成『親を看取る』」のエンディングノートのコーナーでは、ようやく私が主張している白い紙に書く(もしくは大学ノートに書く)エンディングノート的な書き方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南光仁子さんの古希のお祝い

星湖舎から『仁子、あきらめない!』を出版されている南光仁子さんの古希祝いのパーティが、先日10月18日(日)に大阪市天王寺区のホテルバリタワー大阪天王寺で、仁子さんを知るたくさんの人が集まり賑やかに開催されました。 催しをプロデュースしたのは、『仁子、あきらめない!』でも仁子さんの人生を音楽にしてCDも出している光星壮真(星野壮馬)氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報告「リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ」2015.10

がん患者支援24時間チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ」に「チーム闘病記」として参加してきました。 まず前日の2015年10月10日(土)の夕刻から大阪城を紫色にライトアップする前夜祭を見に行きました。 真下から見上げると感動のライトアップです。 森ノ宮に新しくできたQ,sモールの屋上エアート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more