第14回『がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方』の書評公開

日本対がん協会のがんサバイバー・クラブで連載している「読み逃したくない1冊」の第14回が公開されました。 今回紹介するのは、緩和ケア医の関本剛著『がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方』です。 著者の優しさがにじみ出ている、とても良質な闘病記です。    https://www.g…
コメント:0

続きを読むread more

「読み逃したくない1冊」第13回が公開されています

読み逃したくない1冊が更新されました。 今回紹介する闘病記は、本多昭人著『ふたたび出会う世界があるから お坊さん癌を生きる』です。 もし、お坊さんががんになったら、何を感じ何を思うのか。    https://www.gsclub.jp/tips/15739 ふたたび出会う世界があるから~お坊…
コメント:0

続きを読むread more

永遠の18歳とそれを支えた400人のボランティア記録『充子さんの雑記帳』

新しい本が出来上がりました! 心温まる内容です。 充子さんの思いも心に響きます。 生後1ヵ月で脳性まひの重度障がい者となった著者が、親の反対を押し切り家を飛び出し、手に職を得るための特訓を施設で受けます。やがて一人暮らしも始め自立の道を歩んでいきます。 2005年には、栃木県で唯一の自立生活センターを立ち上げ…
コメント:0

続きを読むread more

800年ぶりに土星と木星が大接近!

久しぶりの天文ネタです。 すでに至る所で画像の投稿が始まっていてご存知の方も多いかもしれませんが、2020年12月21日に木星と土星が大接近します! よく輝く2つの星が、1つの星になったかのように接近します。 天体望遠鏡を持っている人は全員がと言って良いくらい、生涯の思い出になる写真を撮ることでしょう。 12月21日夕方、日…
コメント:0

続きを読むread more

「読み逃したくない1冊」第12回公開!

「読み逃したくない1冊」第12回が公開されました。 今回は、山口雄也著『「がんになって良かった」と言いたい』(徳間書店刊)です。 今年の7月31日に発刊された新しい闘病記ですが、コロナで日常が失われたこの一年を締めくくるためにも、早めのご紹介となりました。    がんサバイバー・クラブ「闘病記出版20年…
コメント:0

続きを読むread more

「読み逃したくない1冊」第11回公開中!

闘病記出版20年 星湖舎・金井一弘の「読み逃したくない1冊」の第11回が公開されています。 今回は、金子直史著『生きることばへ ―余命宣告されたら何を読みますか?』2019年8月31日株式会社言視舎発行(定価:本体1600円+税)です。 ぜひ、ご覧ください。    https://www.gsclu…
コメント:0

続きを読むread more

衝動買いした医学系雑誌2冊

昨日、書店に行き医学系雑誌を2冊買いました。 1冊目は『日経メディカル』10月号。 10日ほど前に病院の待合室で目に飛び込んできた「『死にたい』患者」の文字! この雑誌、アマゾンでも近くの本屋でも売っていなくて、ジュンク堂書店難波店まで行って買いました。 患者から「死にたい」と言われた医師はなんと51.0%も…
コメント:0

続きを読むread more

「読み逃したくない1冊」第10回目公開!

闘病記出版20年 星湖舎・金井一弘の「読み逃したくない1冊」の第10回が公開されました。 10月はピンクリボン月間ということで、今回は乳がんの闘病記です。 矢方美紀さんの本を紹介しています。 ぜひ、ご覧ください。 https://www.gsclub.jp/tips/15009 きっと大丈夫。 ~私の乳がんダイアリ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の秋のイベント「まるっと文化祭」

10月になりました。 今月の注目のイベントとしてご紹介するのが、高次脳機能障害者が企画して主催する「まるっと文化祭」。 10月25日(日)に開催されます。 実は昨年秋、第1回が開催されました。 今年も!と意気込んでいたところ、ご存知の通りコロナ禍で、大きな会場で皆が集まって開催することが困難となり、インターネットでの開催となりま…
コメント:0

続きを読むread more

「読み逃したくない1冊」第9回公開!

闘病記出版20年 星湖舎・金井一弘の「読み逃したくない1冊」の第9回が公開されました。 今回は、NHKのディレクターやプロデューサーを歴任し、最後は編成局主幹(総合テレビ編集長)を務めた坂井律子さんの『〈いのち〉とがん』2019年2月20日岩波書店刊(定価:本体820円+税)です。 「言葉は凄い」「言葉があってよかった」 …
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』に動きが!

日航ジャンボ機墜落事故から今年で35年。 『パパの柿の木』は、夫をその事故で亡くされた谷口眞知子さんが、事故前に夫が庭に植えた柿の木の生長を通して、命の大切さや、なにげない日常のありがたさを訴えた絵本です。 今年、その英語版を出されたことにより、ボーイング日本支社の社長ウィリアム・シェイファー氏から手紙が届きました! それにより、…
コメント:0

続きを読むread more

リレー・フォー・ライフ・ジャパン芦屋2020

がん患者を支援する24時間チャリティイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」。 毎年全国50ヵ所で開催されていましたが、本年はコロナ禍で中止されています。 その中で、最も歴史のある芦屋会場では、例年とは異なった形式で明日(9月5日土曜日)と明後日(9月6日日曜日)に開催されます。 私も毎年参加して、深夜にがん患者さ…
コメント:0

続きを読むread more

「読み逃したくない1冊」第8回公開!

闘病記出版20年 星湖舎・金井一弘の「読み逃したくない1冊」の第8回が公開されました。 今回は腎臓がん16年間で14回の手術を経験して、今を元気に生きておられる出来谷潤子さんの『わたしのガン子ちゃん!』を紹介しています。 ご覧ください。 https://www.gsclub.jp/tips/14345 わたしのガン子ちゃ…
コメント:0

続きを読むread more

『頭頸部がん患者の体験談集(第1集)』について

口腔・咽頭がん患者会の代表の三木祥男さんより『頭頸部がん患者の体験談集(第1集)』を贈っていただいた。 患者会が出す体験談集はいくつも私の手元にある。 がんだけでなく、膠原病や認知症、高次脳機能障害、各種依存症など、さまざまな患者会が文集(体験談集)を作っている。 しかし、今回の頭頸部がん患者という希少がんの人たちの声を集めた文集…
コメント:0

続きを読むread more

がんサバイバーへの「寄り添い方」ハンドブック

一般社団法人がんチャレンジャーより『~がん罹患者にかかわる方必携~「寄り添い方」ハンドブック』を贈っていただいた。 がん治療関係の無料冊子はたくさん出ているが、「寄り添い方」に特化した内容の冊子(ブックレット)は珍しい。 68ページの冊子なので、早速読ませていただいた。 執筆者の花木裕介氏は中咽頭がんのサバイバーであり…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け?

今年の梅雨明けは近年になく遅いようです。 ただ、昨夜、月が雲間に明るく輝いていたので、まもなく梅雨明けするでしょう。 そこで、8月の月に関わる天文情報など書いてみます。 8月2日の夜から3日の未明にかけて、月が-2.7の光度の木星と0.2の光度の土星の近くに並びます。 つまり、木星と土星がすぐ近くで並んで見えるのですね(土星…
コメント:0

続きを読むread more

本日の朝日新聞夕刊一面に『パパの柿の木』が!

本日(2020年7月28日)の朝日新聞夕刊の一面に『パパの柿の木』のことが紹介されました! 英語版が出版されました。 その紹介と、2度と同じ過ちを繰り返して欲しくないと著者の谷口眞知子さんのメッセージが紹介されています。 ((日本語版)) パパの柿の木 - 真知子, 谷口, 和洋, 亭島 ((英語版))…
コメント:0

続きを読むread more

今月のテーマは「小児がん」

公益財団法人日本対がん協会のホームページの1つ「がんサバイバークラブ」で、毎月一回連載している「星湖舎・金井一弘の『読み逃したくない1冊』」ですが、今月は吉野やよいさんの『涙の向こうに花は咲く 小児がん余命宣告から18年ーー今を生きる』を紹介しています。 ぜひ、ご覧ください。 https://www.gsclub.jp/tips…
コメント:0

続きを読むread more

星湖舎・金井一弘の「読み逃したくない1冊」第6回公開!

今回のテーマは「がんと障がい者」 がんサバイバークラブに月一回で連載している、お勧めのがんの闘病記を紹介する「読み逃したくない1冊」。 第6回目が掲載されました。 今回の本のテーマは「がんと障がい者」です。     https://www.gsclub.jp/tips/13710
コメント:0

続きを読むread more