星湖舎は創業20周年を迎えました

1999年7月20日「海の日」に創業してから本日で創業20周年を迎えました。 これもひとえに皆様のおかげと心から感謝申し上げます。 これからも未来に向かって邁進してまいります。 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 令和元年7月20日 株式会社星湖舎 社員一同
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回闘病記フェスティバル「命の大切さを学ぶ」開催予告

第4回闘病記フェスティバル「命の大切さを学ぶ」の概要が決まりました。 令和元年8月12日(月・祝)~8月14日(水)の3日間です。 開場は近鉄百貨店上本町店10階「近鉄文化サロン」です。 今回は夏休み期間の開催なので、子供たちも楽しく学べるワークショップなども多数予定しています。 ぜひ、多くの方々のご来場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『耳の聞こえない人、オモロイやん!と思わず言っちゃう本』が出来ました!

『耳の聞こえない人、オモロイやん!と思わず言っちゃう本』という、ちょっとタイトルが長い本が出来ました!! ♪聞こえなくてもええねん! 手話エンターテイメント発信団oioiにインタビュー。 「聞こえない世界」を赤裸々に紹介する「バリアクラッシュ」本! 「聞こえない人」と「聞こえる人」との間にあるバリアを壊す、「バリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この秋、高次脳機能障害の連続イベントin大阪!

実は今、高次脳機能障害のイベントを10月13日(日)と14日(月・祝)に開催する予定で計画が進んでいます! それも大阪市立中央図書館と大阪府立中央図書館という、大阪を代表する公立図書館が会場です! (同時開催ではないので、くれぐれも日時と会場をご確認のうえご予定ください!) まだ企画中なので詳しいことは順次公表していきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記情報(図書館4)

驚きの鳥取県!!! 関西で活動していてこれほどまでに鳥取県が闘病記文庫に力を入れていたとは知りませんでした。 闘病記情報(図書館3)で闘病記コーナーの充実度は大阪が一番と書きましたが、図書館数から割り出す設置密度および図書館間の連携では鳥取が日本一であることを認めざるを得ません。 すごいぞ!鳥取県の闘病記への取り組み!! で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記情報(図書館3)

今回は関西地方です。 京都府には闘病記の常設コーナーがない! 認知症に優しい図書館を目指して京都市立図書館は取り組んでいるはずなのに、その認知症の闘病記としてのコーナーもありません。 一方、私たち「チーム闘病記」の活動拠点である大阪府の公共図書館には、闘病記のコーナーや病種別リストが非常に多いです。 大阪府は日本で一番闘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅を楽しみ、日々を愛しんで―〝ありがとう〟の膵臓癌闘病記

『旅を楽しみ、日々を愛しんで―〝ありがとう〟の膵臓癌闘病記―』 渡邉由美子著 この度、平成31年4月25日に膵臓癌でお亡くなりになられた渡邉由美子さんが、亡くなるまでの日々を綴ったブログをまとめて本を出版されました。 渡邉さんは平成27年8月に膵臓癌を宣告されたことをきっかけに、ブログをスタート。 同年10月から亡くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リレー・フォー・ライフ・ジャパンわかやま」明日開催!

がん患者を支援する24時間チャリティイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパンわかやま」が明日開催です。 本年も関西はこの和歌山からスタートです!! https://www.facebook.com/リレーフォーライフジャパンわかやま-308699979312023/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんサバイバーシップ支援第3回「がん患者・家族の想いを知る」

今日(2019年5月17日)は大阪国際がんセンターでがん患者会「1・3・5の会」があり参加してきました。 毎回多くの患者や家族が集う患者会で今回も30数名が参加していました。 その患者会も関わる公開シンポジウムが6月9日(日)13:30~16:30、大阪国際がんセンターで開催されます。 今回は第3回目で、がん患者やその家族の想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん患者・家族の想いを知るイベント2つ(2019年5月と6月)

令和元年5月と6月にがん患者・家族の想いを知るイベントが2つ大阪で開催されます。 1) 2019年5月23日に「キャンサーサバイバーの声に耳を傾ける」という講演会が大阪駅前のAPホールⅡで開催されます。 開催時間が少し遅く夕方の18:30からです。 入場無料ですが予約が必要なようです。 詳しくは次のホームページをご参照くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記情報(図書館2)

今回は中部・北陸・東海地方です。 ●新潟 ○新潟市立西川図書館 認知症に関する図書あり。 ●富山 ○富山県立図書館 2018年企画展示「医療情報・闘病記」にて展示資料リスト作成。 ●福井 ◎福井県立図書館 医療健康コーナーに闘病記あり(病気ごとに約1200冊配架)。 ●長野 ◎市立小諸図書館 こころとから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記情報(図書館1)最新版

☆4月9日に図書館にある闘病記コーナー(図書館1)の情報「北海道~関東」を掲載いたしました。その後、皆様から情報が寄せられ最新版をここに掲載いたします☆ さらに3件の情報が寄せられました(2019年4月29日) いま全国に2000館以上ある公立図書館の「闘病記」設置状況を、北海道から順番にインターネットで調査しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記情報(図書館1)旧版

☆4月9日に図書館にある闘病記コーナー(図書館1)の情報「北海道~関東」を掲載しましたところ、皆様から情報が寄せられ最新版を2019年4月27日に掲載いたします。ぜひそちらの方をご覧ください☆ いま全国に2000館以上ある公立図書館の「闘病記」設置状況を、北海道から順番にインターネットで調査しています。 (大学図書館や病院に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回闘病記フェスティバルについて

第4回闘病記フェスティバル開催時期について 毎年GW(ゴールデンウィーク)に近鉄百貨店上本町店文化サロンにて開催していました「闘病記フェスティバル」ですが、本年は夏のお盆の時期に開催する予定です。 2019年8月12日(月・祝)~14日(水) 今回で第4回目となります。 詳しい内容については後日発表させていただきますのでしば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠隔ICUを生かした効率の良い医療提供

『ICU・集中治療室物語』の著者が朝日新聞に紹介されました。 https://www.asahi.com/articles/CMTW1903142800001.html?iref=pc_ss_date 本書の紹介: 「ICU」や「集中治療室」について問われ、明確に答えることのできる人は少ないでしょう。 まずイメージするのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』の谷口眞知子さんが朝日新聞に登場!

『パパの柿の木』の谷口眞知子さんが昨日(2019年2月23日)の朝日新聞夕刊に大きく紹介されていました。 https://www.asahi.com/articles/ASM2M40WKM2MPTIL00H.html?iref=pc_ss_date パパの柿の木星湖舎 谷口 真知子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ろう者のがん闘病体験談』が産経新聞で紹介される!

今日(2019年2月24日)の産経新聞(大阪版)で『ろう者のがん闘病体験談』が紹介されました! https://www.sankei.com/region/news/190224/rgn1902240015-n1.html ろう者のがん闘病体験談星湖舎 2019-02-04 川淵一江、江木洋子、寺嶋久枝、寺嶋幸司 Amazo…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

残念な闘病記

本日(2019年2月9日)の朝のNHKニュースで「闘病記」の紹介があり星湖舎のことが紹介されました。 ネットで連絡先を調べた熱心な方々から、どのような闘病記を読めば良いのか問い合わせがたくさんあります。 実は闘病記なら何でも良いというわけではありません。 時間の無駄になる読まない方が良い闘病記もあります。 1月のブログでも書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ろう者による初の闘病記が完成!

ろう者による初の対談形式・闘病記。 ろう者が医療サービスを受ける際の困り事、医療通訳の現状と課題などを浮き彫りにします。 ろう者、医療従事者必読の書です。 「医療従事者はマスクを外して話してほしい」 「手術室にも通訳を入れたい」 「健聴者とくらべて情報収集ができない」。 ろう者が病気に罹った時、さまざまな問題点が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more