『週刊現代』のがん特集の取材を受けました

本日(2022年4月8日)発売となった『週刊現代』(講談社刊)の巻頭特集は、「がんにならずに生きる がんになっても生き抜く」です。
春の医療大特集と銘打った特集ですが、実は取材を受けていました。
がんや脳卒中などの闘病記を専門に出版する星湖舎の社長として、2か所に登場しています。

この雑誌のメイン読者が60歳以降の人たちで、その人たちに向けて発言をしました。
他に登場する人たちの発言も含めて、ぜひ読んでみてください。

ただ、あと1つ言いたかったことが載らなくて残念だったのが、治療中や退院後に「孤独にならないこと」です。
60歳以降の特に男性は、独居生活をする人が多く、コミュニケーションをとれない状況に置かれます。
孤独になる環境です。
孤独だとテンションも下がり、せっかく退院しても、また病気になる可能性が高いのです。
多くの闘病記で、孤独がいけないことを書いています。
なんとか社会と関わり、孤立しない生活を目指してください。

https://gendai.ismedia.jp/list/author/wgendai

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント