ユーゴー書店とジュンク堂書店

明日で閉店するという噂は本当でした。

画像


天王寺(阿倍野)の老舗書店、ユーゴー書店が明日で閉店するようです。
大阪では歴史もあり充実した社会派の本の品揃えで有名でしたが、外商を残してお店は無くなるようです。

関西ではわれわれ出版人にとって、このユーゴー書店とジュンク堂書店は良く比較される書店でした。
30年前のことですが、どちらも人通りの多い商店街に密接し、1店舗のみで経営している書店でした。
当時としては大型店で、その棚にぜひ自社の本を置いてもらおうと、各出版社の営業は日参していたものです。
その後、やがてジュンク堂書店はサンパル店、京都店と次々と店舗展開を始め、今ではご存知の通り全国に店舗を構える有名チェーン書店となりました。
一方、ユーゴー書店はかたくなに天王寺(阿倍野)にこだわっていました。
この対比は、書店を愛する者にとって、ロマンとして永遠に続いて欲しかったのですが、どうやら終わりを告げるようです。
残念です。

この記事へのコメント