世界一危険な花火

本日(2009年3月12日)発売の『週刊新潮』に、友人のハナビスト冴木一馬氏が撮影した「台湾の伝統花火」のカラー写真が載っています。
爆竹を使った危険度世界一のお祭りだそうで、冴木氏も撮影中に耳元で爆竹が炸裂し、左耳の鼓膜が破れてしまったそうな。大丈夫かな…

※ちなみに、冴木氏のホームページで紹介されている台湾の(別の)花火大会では、見物の際の出で立ち(防護服)を紹介しています。
台湾は世界一危険な花火地帯なのでしょうか。
http://www.tainan.gov.tw/cht/action/yanshuai/safety/safety.html

この記事へのコメント