テーマ:エッセイ

立冬~火星・地球・太陽一直線の日

11月7日(月)は立冬です。 この日、火星と地球と太陽が一直線に並ぶそうです。 日没後、東の地平線上を上がってくる火星は、夜のとばりが降りると近くに明るい星がないので、その赤々とした輝きがひときわ目立ちます。 金星も宵の明星として、この時期夕空に輝いています。火星・地球・太陽の直線上からは少し外れますが、宇宙の彼方から眺めればほぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30年ぶりの再会(同窓会に出席して)

昨日、高校時代の同期卒業生全体の同窓会がありました。 100人以上が集まり、恩師もたくさんご出席され、盛大な会となりました。 卒業して30年が経ち、男どもは皆髪が薄くなったり白くなっており、口達者な者は今も口達者に、控えめな者は今も控えめに、それぞれが昔の面影をそのまま引きずりながら、しかし、年齢的に社会でも家庭でも責任ある立場とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生いろはにほ

『人生いろはにほ』。なんともコミカルなタイトルの本が出来上がりました! 内容は、年寄りから若者への戯言・苦言の数々が、これまたコミカルなオリジナルイラストと並んで「い・ろ・は・に・ほ…」の順に46編綴られています。 「愛されることに慣れてしまった今時の若い男子はやたら寂しがりやが多い」 「今時の若者は苦労を嫌う。愚かな若者も賢い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮沢賢治と自費出版

著名人で自費出版をした人達として名前が挙がるのは、古くは若山牧水や萩原朔太郎などの多くの詩人達、伊藤整や『大菩薩峠』の中里介山、『破戒』の島崎藤村などの作家達、民俗学者の柳田国男も初期の作品は自費出版として世に問うています。 しかし、なんといっても生前に出した本2冊が、どの出版社からも見向きもされず、いずれも自費出版であった宮沢賢治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京よ!頑張れ

今週前半3日間、東京へ久しぶりに出張しました。 しかし、やはり今の東京には元気がない!と思って帰ってきました。 長く東京に住んでいる人には分からないことだと思いますが、我々関西人も昔は刺激を受けるために、東京に良く出かけていました。 昔東京は、建物や集客地、集客イベントなどの規模がどんどん大きくなり、さすがに日本の中心地、経済の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みさと天文台

和歌山県の海南市からバスで1時間ほど揺られ、そこから更に歩いて40分ほどの山奥に「みさと天文台」があります。かつて宿泊施設にバンガローもあって、家族連れで泊るには面白い天文台だったのですが、今はバンガローは休業中とのこと。でも、バスを降りたところには温泉宿(美里温泉)もあり、宿泊には困りません。 これからはホタルの季節です。温泉宿の近…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

糸ぐるまは回る

今、編集の大詰めを迎えている作品に『糸ぐるまは回る』という作品があります。著者の細山俊子さんとその娘さんやお孫さんも挿絵で参加されて、ご家族でおばあちゃんの本を作ろうという、とても一体感のある本作りが進んでいます。細山さんが子どもだった大正8年から昭和8年頃までの、日本の暮らしぶりや遊び方が、味わいのある文章で上手く表現された上質なエッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検索エンジンとの関係

この「営業日誌」はブログで作っています。この一週間「営業日誌」を休んでいると、それまでGoogleやJWord、Excite、gooといった有名な検索エンジンで、いわゆる一頁目(最初から10件目くらいまでの表示)に紹介されていたものが、もののみごとに消えてしまっていました。ブログはこれまでのホームページよりも検索されやすいと聞いていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エミコ・シールさんのこと

もう一昨日になりますが、関西圏ではMBS毎日放送の夕方の番組「Voice」で、エミコ・シールさんの特集がありました。東京では4日(月)の筑紫哲也さんの番組で流れたそうです。 エミコ・シールさんは、1965年東京生まれの大阪育ち。22歳の時、自分へのプレゼントとして世界一周への夢に向かって、まず日本一周からスタート。そして、バイクを自…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

星湖舎ホームページ開設のご案内

星湖舎ホームページの開設を、特に親しい方々に一昨日よりメールでご案内させていただいたところ、たくさんのお返事メールをいただき感激しているところです。この営業日誌にも60人ほどの方が、この2日間で見に来ていただいているようで、嬉しいかぎりです。この場をお借りして御礼を申し上げます。 あと2日で新刊が上がってきます。『花たちの自己紹介』と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町の本屋さん

今日は新刊の『関西唯の人』を営業しに書店を回りました。大手の書店にはすでに並んでいるものの、町の小さな書店には行き届いておらず、駅周辺の書店を中心に一軒一軒回りました。そこでいつも感じることは、町の本屋さんで頑張っておられるところは、お客さんの顔が見えていると言うことです。お客さんの顔が見えていると言うのは、この本だと、あの人とこの人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『関西唯(ただ)の人』出版記念パーティ

毎日放送の大谷邦郎さんが、この度関西のユニークな仕事に就いている人達を紹介した『関西唯の人』を出版されました。これを記念して大阪のリーガロイヤルホテルで、一昨日たくさんの人達が集まってパーティが開催されました。 大谷さんも軽快な口調の人ならば、大谷さんを囲む人達も場を盛り上げるのが上手な方々で、笑顔の絶えない素敵なパーティでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more