テーマ:出版

今朝の産経新聞に『ジョン万次郎』紹介されました!

本日(2012年12月8日)の産経新聞朝刊に『ジョン万次郎~二つのふるさとをあいした少年』が紹介されました! この物語は、強い決意を持った才能豊かな少年が、ふたつの文化に育まれ、のちに日本が西洋と友好を深めるための重要な役割を果たした、本当にあった物語です。 豊かになった日本人が忘れてしまった勇気と好奇心を取り戻す感動の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳絵本『ジョン万次郎~二つのふるさとをあいした少年』発刊!

ジョン万次郎の生きざまを描き 全米で数々の賞を受賞した 絵本『MANJIRO』が 遂に邦訳にて出版!! この物語は、強い決意をもった才能豊かな少年が、ふたつの文化に育まれ、のちに日本が西洋と友好を深めるための重要な役割を果たしたという、本当にあった物語です。 絵・文:エミリー・アーノルド・マッカリー 訳:高嶋…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

梅田茶屋町の古民家「豊崎長屋」で講談を聞く会

今週の土曜日(2012年10月27日)ですが、梅田茶屋町の古民家「豊崎長屋」で、「講談」を聞く会が開催されます。 大阪市立大学大学院生活科学研究科が中心となり、来春に大阪公立大学共同出版会(OMUP)から出版予定で制作が進んでいる本があります。 『豊崎長屋の記録-大阪市立大学の実践(仮題)』という古民家を再開発した記録集です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第11号出来!!

『星と泉』第11号が出来上がりました 今回の巻頭特集「私の読書時間」は、これまでメジャーな雑誌のインタビューをすべて断り続けてきたというヴィレッジヴァンガードの創業者であり代表取締役会長の菊地敬一さんです。 これまでの膨大な読書体験と本の魅力について、さらには人生観まで大いに語られました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『7つの海を泳いでくるよ』書店点景

21歳の若さで事故死した大阪育ちの琉球大学生、森下大さんの記録『7つの海を泳いでくるよ』。 発刊から4か月が経ちましたが、彼が大好きだった海のシーズンには、たくさん注文をいただきました。 皆様、ありがとうございます。 彼の育った大阪茨木市では書店の皆様のご協力で、各店舗ともとても良いところに置いていただいております。 写真は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「月刊 私塾界」8月号を読もう!

「月刊 私塾界」という雑誌の8月号に私のインタビュー記事が載​りました。 勝間さんや奥山さんと並んで目次に紹介されています。 ​大阪公立大学共同出版会(OMUP)の常務理事・編集長として、​大学出版会の意義やら、若者たちやそれを教え導く教育者たちへの​提言を述べています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未だ嘗て無かった「書」論の本が出ました

「未だ嘗て無かった全く新しい創造的な書論である」と東京大学大学院数理科学研究科教授・河野俊丈氏がお勧めの「書」の本が出ました。 『生命(魂)の書の美学』 著者:大梅山 般若 白雲(本名:原納 淳) 中国における筆の生成から発達、歴代の名筆の紹介、臨書論、道具論、書の指導論、書の線と数学の線、美とは静かなものである、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーチューブに流出!当社のPRビデオが。

ユーチューブに当社のPRビデオが流出しているらしい! 1分38秒の短いビデオだが興味ある方はご覧いただきたい。 http://www.youtube.com/watch?v=9CL7Wj-KO94 ※ご指摘がありました。「流出」ではなく「公開」です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純文学小説発刊! 光野石見著『恋人になろうとして』

星湖舎が満を持してお贈りする純文学作品 現代文学を志す者にとって必読の書 この小説は、 伝説的過去になるべき現代の恋物語を、 ひとつの詩に昇華させようとした 無謀な試みにすぎないのだ。 ■著者略歴 光野 石見(みつの いわみ) 和光大学人文学部卒。読売新聞中部本社入社。読売新聞東京本社退社、創作活動に入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達のための特別支援の本『子育ち』完成!

家庭でもできる発達が遅い子供のための特別支援のテキストが出来ました。 あらゆる科目で取り組み方法が紹介されています。 たとえば音楽だけとか、図工だけとか、体育だけとかではなく、 「ことば」「図工」「かず」「音楽」「体育」「生活」すべての科目がこの1冊の中に入っています。 教員歴35年のベテラン教育者が作りました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『毎日が革命』発刊!

PHB(本を通じた繁栄と幸福)を標榜する成功哲学コンサルタント臼井正己の最新刊! この本を読んで、今日とは違う明日を迎えてください。 今の閉塞感から必ず解放されます! 高いセルフイメージを持つことが、 成功哲学の始めであり、 成功哲学のすべてです。 あきらめない。 チャンスは必ず 巡ってきます! ★…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『7つの海を泳いでくるよ』沖縄営業報告

先週末は沖縄営業で、琉球大学、沖縄タイムス、琉球新報など回っていました。 20年前に盛んに沖縄に行っていた頃と大きく変わったのは、モノレールができたことと新都心地域がものすごく開発されていたこと、そして何と言っても書店の勢力図ががらりと変わっていたことです。 球陽堂書房という沖縄独特の書店は健在でしたが、文教図書はなくなり、沖縄…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Amazonで『7つの海を泳いでくるよ』の取り扱い開始!

Amazonで森下大著『7つの海を泳いでくるよ』の取り扱いが始まりました。 すでに一般書店での取り扱いは始まっていますが、Amazonは5月23日からです。 これまでの当社の本の経緯からすると、発売と同時にいったん直ぐに「売り切れ」または「在庫切れ」となりますので、急ぎ今のうちにお申し込みください!! 7つの海を泳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『7つの海を泳いでくるよ』ご注文の皆様へ

当社ホームページより、森下大著『7つの海を泳いでくるよ』を「コンビニ決済」でご注文いただいている皆様には、ご注文いただいた直後にコンビニ店頭での処理についての折り返しメールが届いていますので、その指示に従ってお手続きのほどお願い申し上げます。 万一、時間をおいてメールが届かない場合は、再度ご注文いただくか(その場合はダブって課金される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『仁子、あきらめない!』出版1周年記念ライブ

5月6日(日曜日)、午後2時から大阪長居LIVE BAR「Depo」で南光仁子さんの出版1周年記念を兼ねた「ココだけの話」トーク&ライブがあります。 車いすの語り部南光仁子さんのパワフルなエネルギーを受け取ってください。 そして、ゲストの壮馬氏の美声に酔ってください。 お時間のある方は、ぜひご参加ください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『7つの海を泳いでくるよ』森下大21歳の履歴書

Amazonで森下大著『7つの海を泳いでくるよ』の取り扱いが始まりました。 すでに一般書店での取り扱いは始まっていますが、Amazonは5月23日からです。 これまでの当社の本の経緯からすると、発売と同時にいったん直ぐに「売り切れ」または「在庫切れ」となりますので、急ぎ今のうちにお申し込みください!! http://hosibos…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

公開講座「本の未来 印刷の未来」

日本自費出版ネットワーク主催で公開講座「本の未来 印刷の未来」が4月20日に開催されます。 会場はモリサワ本社で、京都の中西印刷の専務中西秀彦氏が講師です。 日本自費出版ネットワークの会員でない人は5000円の参加費が必要です(会員は3000円とのこと)。 多分、夜には懇親会があると思いますが、詳しくは日本自費出版ネットワークの事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西の出版人の集い「勁版会」が30周年を迎えました

関西の出版人の集い「勁版会」が30周年を迎えました。 それを記念してイベントが企画されています。 参加はご自由です。 まだ定員には達していないそうです。興味のある方は、ぜひご参加ください。 (パーティご参加の方は、名刺をたくさんご持参のこと)  ☆ 会員・関係者 各位 1982年11月25日、京都・大阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第29回大阪女性文芸賞贈呈式

今日は桃の節句、女性の日にちなんで「第29回大阪女性文芸賞」の贈呈式がありました。 今年の受賞者はまだ20代半の朝倉由希野さん。 受賞作は小学校の友人であるおかっぱちゃんとの交流を描いた作品「おかっぱちゃん」。 写真右が受賞者の朝倉由希野さん、左は佳作の織部るびさん。 会場で販売されていた受賞作掲載誌『鐘』第24号を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Amazonに登場『これがうちらの投資信託や!!』

新刊『これがうちらの投資信託や!!』がAmazonに登場!! まだ画像も入っていませんし、3月5日発売予定となっていますが・・・ 「予約受付中」とのこと! 在庫切れになる前に、皆さん、アマゾンに申し込みましょう!!    これがうちらの投資信託や!! 浪花おふくろ奮闘記星湖舎 石津 史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題の新刊!『これがうちらの投資信託や!!』

関西の講談界を一人で支えた二代目・旭堂南陵の孫娘が何と・・・・・・ 日本で初めて東京以外で投資信託会社を立ち上げた! その思い、その経緯をまとめた本がこれだ! 二代目・旭堂南陵さん……ご存知ですか? この人! 戦前・戦後、大阪の講談界をたった一人で支えた人。その孫娘が、この本の作者です。もちろん講談の本ではないことはその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学出版会の目的は「良質本を刊行し情報発信」すること

最新の業界紙「文化通信」(2012年1月30日第3985号)の紙面を拝借致します。 いま、ジュンク堂書店難波店で開催されている「関西圏大学出版会ブックフェア」のことが紹介されています。 良質の本を刊行し情報発信していくことが大学出版会の目的です。 民間出版社においては採算的に困難な学術図書を刊行頒布し、研究者の研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分史をまとめるには

自分史をまとめるには 「失敗」から書き始めよう と、いうタイトルの記事が各地の新聞に紹介されているようです。 「自分史は、自分を元気づけるために書くもの」 「自分史を書けば、新たな自分の発見がある」 そのように、自分史を書くことを勧めています。 ちょっと変な顔をしている私が写っていますが、一生懸命に語りか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共同出版の裏事情を放送中!

これは凄い! 共同出版の裏話が語られている。 自費出版をしようと思っている人にも大変役に立つ放送ではないだろうか! 1月31日まで放送中。 http://k881.jp/mp3/houdan1.mp3
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「関西圏大学出版会ブックフェア」スタート!

本日よりジュンク堂書店難波店にて、2月末日までの1ヶ月半、「関西圏大学出版会ブックフェア」がスタートです! さて、皆さんに質問です。 日本には700校以上あるといわれている大学ですが、その中で出版会を持っている大学はいくつあると思いますか?   ↓   ↓   ↓ 意外と少ないのです   ↓   ↓   ↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第9号出来!

『星と泉』第9号が出来上がりました! 今号の特集は、 ■私の読書時間:「本は人生のおやつです!!」店主 坂上友紀さん 個性的な小さな書店を経営している坂上友紀さん。本との「出会い」を生み出すべく奔走する坂上さんに、読書とにまつわるお話しを伺いました。 ■最新出版事情 「出版業界2012年の展望」 2012…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記『この一瞬、次の一瞬が命懸け』発刊

闘病記『この一瞬、次の一瞬が命懸け』泉勝俊著が出来上がりました! ■脳出血で倒れた老教授が運転免許更新を果たすまでの創意工夫を凝らしたリハビリ奮闘記■  本書は、著者が脳出血で倒れた前後の経緯に加え、そのまま入院して寝たきり状態からの闘病生活を経て約1年半のリハビリにより、不完全ながらも一応の社会復帰を果たすまでに、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

関西圏大学出版会ブックフェア&講演会2012年

大阪公立大学共同出版会(OMUP)が、創立10周年およびNPO法人化5周年を迎えるにあたり、1月16日から2月29日にかけてジュンク堂書店難波店にて「関西圏大学出版会ブックフェア」を開催します。 それにあわせて、JUNKU難波店トークセッションとの共催として講演会も行います。 私もジュンク堂書店難波店の福嶋店長と対談をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年『空とぶマネキン人形』

皆様、あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 さて、本日付けで『空とぶマネキン人形』という本を発行致しました。 この本は、宇宙・星・天文のジャンルの本です。 遂に、星湖舎からそのジャンルの本を出版することができました。 総合出版社としてさまざまなジャンルの本を手掛けてきましたが、当初の夢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more