テーマ:

遠隔ICUを生かした効率の良い医療提供

『ICU・集中治療室物語』の著者が朝日新聞に紹介されました。 https://www.asahi.com/articles/CMTW1903142800001.html?iref=pc_ss_date 本書の紹介: 「ICU」や「集中治療室」について問われ、明確に答えることのできる人は少ないでしょう。 まずイメージするのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年(平成31年)新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 星湖舎は本年の7月20日に創業20周年を迎えます。 ここまで幾多の喜びもあれば苦難もありましたが、無事に節目の年を迎えられますことを心より感謝申し上げます。 これからも皆様の思いを出版という形で実現できる会社であり続けていく所存です。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ICU・集中治療室物語』好評発売中!

「ICU」や「集中治療室」について問われ、明確に答えることのできる人は少ないでしょう。 まずイメージするのが、救急車のサイレン音とともに運ばれてくる患者、一刻も争う治療の数々、険しい表情の医師や看護師たち。 それは、救命救急センターのことです。 そこから一命をとりとめた患者が運ばれるのが、「ICU」や「集中治療室」といった施設なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリバラで盲ろう者の生活を紹介

NHKの人気番組「バリバラ」で9月2日に盲ろう者の生活が紹介されていました。 http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=838#top NPO法人視聴覚二重障害者福祉センターすまいる 理事長の門川紳一郎さんが推し進める、盲ろう者による自立した暮らしの一端が紹介され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第23号の巻頭特集は伊藤勇人さんです

『星と泉』第23号が出来上がっています。 巻頭特集はがんサバイバー伊藤勇人さんです。 「余命二週間」からの生還 三大治療と骨髄移植を乗り越えて 21歳の時に悪性リンパ腫を患い、困難な治療をいくつも乗り越えてきた伊藤勇人さん。 過酷な副作用や闘病における気持ち、家族への思い、そして夢などについてインタビュー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日航機墜落事故から33年『パパの柿の木』とともに

本日(2018年8月12日)は日航ジャンボ機墜落事故より33年になります。 朝からニュース番組で紹介されていますが、8月14日と8月16日に特番があります。 いずれにもこの事故でご主人を亡くされた谷口眞知子さんが登場されます。 絵本『パパの柿の木』の作者です。 番組の中で『パパの柿の木』の小学校での朗読シーンが流れると思いますの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月12日(日)15:30~16:00箕面FMに出演します

8月12日(日)15:30~16:00箕面FMの「しあわせの道しるべ」という番組に出演します。 http://fm.minoh.net/program/shiawase/ すでに収録は終わっていますが15分も録音がオーバーしたそうでどのように編集されるか楽しみです。 著者が箕面に住んでいる『パパの柿の木』のことや闘病記につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『四角いおんぷが生んだ奇跡』児童書の発刊!

生きるって何? 思いやりって何? 『四角いおんぷが生んだ奇跡』―重度の知的障がいをともなう自閉症の青年が奏でる7色の音ー 目黒明子著 主人公は、重度の知的障がいをもち自閉症でもある、一人の少年です。 彼がピアノと出合うことで、コミュニケーション力の不足など自らのハンディを乗り越えながら成長していく様子を、葉っぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中皮腫闘病記『もはやこれまで』が毎日新聞で紹介されました!

余命1年と宣告され18年後の今を生きる「中皮腫」患者の闘病記録『もはやこれまで』(栗田英司著、星湖舎刊、本体価格1500円)が、7月6日の毎日新聞で紹介されました。 https://mainichi.jp/articles/20180706/ddn/013/040/025000c 表紙に書かれているように「この本には“希望”があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余命1年から18年後の今を生きる!

病と向き合う人にお勧めの本ができました! 中皮腫でお悩みの方、 がんでお悩みの方、 さまざまな病気に直面しお悩みの方、 ぜひ手にとってみてください。 この本には「希望」があります。 本書は、33歳の時に「上皮型悪性腹膜中皮腫」との診断を受け、余命1年と宣告されたにもかかわらず、その後18年を生き、今も前向きに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『56歳の青春宣言ー女性自衛官校長になるー』発刊!

新たなミッションは、校長先生!! 高校生とともに、青春を謳歌! 自衛官として、校長として、生き方を全うした著者が語る元自衛官の痛快エッセイができあがりました! 著者が10代の頃から考えていたこと。 それは、国の2本柱は「国防」と「教育」であることーー。 その2つを全うしたいという夢を見事叶えた、著者のチャレンジ人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴覚二重障害者福祉センターすまいる事務局長石塚由美子さんの本『静けさの中の笑顔』発刊!

特定非営利活動法人視聴覚二重障害者福祉センターすまいる事務局長石塚由美子さんの本『静けさの中の笑顔』を発刊しました! 2才の頃、「とびひ」という皮膚感染症にかかり、その治療に処方された薬の副作用で聴覚を失った著者。 そこから、波乱に富んだ、しかも、明るく、前向きな人生がスタートします。 ろう学校での生活、その世界から飛び出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『昭和残照 ひと物語』 高野望著 発刊

新刊のご案内です。 昭和のあのころ、 人生には物語があった 偶然に出会い、そして何気に別れた、ただ、それだけのことだったのだ。 東京赤坂一ツ木通りの商店街に開店した佃煮屋を舞台に、戦前戦後の風景が主人公たちと共にみごとに甦る、郷愁にあふれた社会小説。 伝播する激情の波。皆、熱病に冒されていたのだ。 体裁:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年度日本都市学会賞(奥井記念賞)!!

速報です! 私が編集を担当した北山啓三著『未来へ手渡すHOUSING POLICY』2016年8月10日OMUP刊が、2017年度日本都市学会賞(奥井記念賞)という大変名誉ある賞を受賞いたしました!! この本は、戦前から戦後復興、そして現代の大阪における住宅・まちづくりの政策史を描いたものです。 その時代時代における大都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュータウン再生の“リアル”がわかる本ができました!

制作に関わったニュータウン再生の“リアル”がわかる本が出版されました! 『ほっとかない郊外~ニュータウンを次世代につなぐ~』泉北ほっとかない郊外編集委員会著(2017年10月OMUP刊)定価:本体1900円+税 まちびらき50年を迎える泉北ニュータウン(大阪府堺市・人口約13万人)を舞台とする、ニュータウン再生の足跡を伝える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20回日本自費出版文化賞授賞式

2017年10月7日(土)午後、東京のアルカディア市ヶ谷にて「第20回日本自費出版文化賞」の授賞式がありました。 星湖舎から出版された谷口真知子さんの『パパの柿の木』がグラフィック部門賞という大きな賞を受賞されましたので、私も会場に駆けつけました。 受賞者は喜びの声を5分間ほどスピーチされるのですが、『パパの柿の木』のテーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パパの柿の木』第20回日本自費出版文化賞グラフィック部門賞受賞!!

日航ジャンボ機墜落事故で主人を亡くした女性が、柿の木と子供たちの成長とともに「命」と「当たり前の日々」の大切さを伝える絵本『パパの柿の木』が、第20回日本自費出版文化賞のグラフィック部門賞を受賞いたしました!! グラフィック部門とは画集・写真集・絵本などの部門で、『パパの柿の木』は最高の評価を得ました! ◎A4サイズ、上製本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第21号出来!!

文芸投稿誌『星と泉』第21号が出来上がりました! 巻頭特集はがんサバイバーのシールエミコさんです。 シールエミコさんは、17年前に自転車で世界一周を目指している途中で子宮頸がんを発症。 子宮、卵巣、リンパ節を摘出する手術をして再び世界一周の夢に向かうも、がんが再発。 さらにがんの転移もあり、日本の有名ながん専門病院か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特集「紙と文房具。」装苑2017.8月号

書店の女性雑誌のコーナーで『装苑』8月号の特集「紙と文房具。」の文字が目に止まりました。 なにげに手に取ってぱらぱらとページをめくり、定価が600円もしないことに驚いてそのままレジに向かいました。 ブックデザイナーの大御所祖父江慎による「本のための紙」で興味をそそられ、活版名刺や封筒、紙を使った創作物などに新鮮味を感じました。 文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第20号、出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第20号が出来上がりました! 今回の特集は、 (1)「闘病記の選び方」として、昨年秋に開催した闘病記フォーラムから内容の抜粋(主に「闘病記の選び方」について)と、最近の闘病記に書評を掲載しました。 川島なお美・鎧塚俊彦著『カーテンコール』、円広志著『パニック障害、僕はこうして脱出した~苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾何学の新理論『Irisunaの定理』たしかに売れています!

大人が読める幾何学の本はあまり新刊が出ません。 だからでしょうか? 静かに売れています。 たくさんは売れません。 なぜなら、幾何学に興味のない人には、チンプンカンプンの書です。 でも、幾何学大好きな人には、待望の新理論の書となっているようです! Irisunaの定理―『メネラウスの定理・チェバの定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7つの海を泳いでくるよ(英語版)『keep moving』

4年前に出版して多くの人の心を掴んだ『7つの海を泳いでくるよー森下大 21歳の履歴書ー』 この本の英語版が出来上がりました。 『keep movingーGoing to swim over the seven seasー』 この本は、連合王国(UK)ウェールズ国で生まれ、日本や海外で幼児期を過ごした後、考古学を学ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Irisunaの定理』前・後編

『Irisunaの定理』前・後編 平面幾何学の重要定理である「メネラウスの定理」と「チェバの定理」は別々のものと考えられていました。 これを合体したのが『Irisunaの定理』です。 財団法人石田財団の石田教育賞を受賞、公益社団法人日本数学教育学会での数回にわたる大会発表と学会誌への掲載。 万を超すインターネット検索…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の読売テレビ「かんさい情報ネットten.」で『パパの柿の木』が紹介されます

本日(2016年11月4日金曜日)の夕方、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」で『パパの柿の木』が紹介されます。清水健アナウンサーの番組です。 お時間のある方は、ぜひご覧ください。 パパの柿の木星湖舎 谷口 真知子 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』出版記念原画展

2016年9月28日(水)から10月3日(月)まで、阪急電車「池田駅」にある“ギャルリVEGA”で、絵本『パパの柿の木』の出版記念原画展が開催されます。 時間は朝10時から夜6時までです(最終日は午後4時までです)。 10月1日(土)と10月2日(日)には、午後2時から読み聞かせ&トークがあります。 作者の谷口真知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「闘病記研究フォーラム」7年ぶり大阪で開催!!

闘病記の魅力や可能性を探求する「闘病記研究フォーラム」が7年ぶりに大阪で開催されることになりました。 今回のテーマは「闘病記が出版される意義・読まれる意義」です。 参加者はこれまで、医師や看護師、患者会の方々など医療関係者や、司書など図書館関係者が多いのですが、闘病記を探しておられる患者さんやそのご家族もたくさん参加されています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO法人大阪公立大学共同出版(OMUP)設立15周年、法人化10周年記念フェア開催

NPO法人大阪公立大学共同出版(OMUP)設立15周年、法人化10周年記念フェアがジュンク堂書店難波店で開催されています。 写真はジュンク堂書店さんが制作しディスプレイされたPOPです。ありがとうございます。(ただ、正確には10周年は法人化の方で、設立は15周年です。) 9月24日には15:00から店内でトークセッションがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バービーはピアニスト』の新聞書評

新刊『バービーはピアニスト』(菅原美枝子著)が昨日(2016年8月4日)中日新聞の「みんなの本」のコーナーに紹介されました。 実は、それに先立つ7月3日伊勢新聞に大きな書評が載りました。 本の中身を読み込んでしか書けないような、なかなか素晴らしい書評なので、ぜひご覧ください。 伊勢新聞は三重県に密着した地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more