テーマ:

『星と泉』第19号のある書店

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第19号は巻頭特集にがんサバイバーの阿南里恵さんをインタビューしています。 その阿南さんのファンの方から、どこの本屋に行けば買えるのか?という質問がありました。 この本は全国の元気あるすべての書店でお取り扱いできます。 店頭にない場合は、その書店にご注文いただければ2週間以内にお届けできます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』出版記念作品展の大阪会場最終日の出来事

本日は絵本『パパの柿の木』出版記念作品展の大阪会場(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店7階サロン・デ・7)の最終日です。 会期半ばで、書店員さんから「尋常でない売れ行き」と連絡がありました。 一昨日、急きょ追加納品をしたのですが、こういうイベントは最終日がよく売れるという経験則があります。 ましてや本日は日曜日。 そこで、書店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』出版記念作品展、開催!

絵本『パパの柿の木』(作:谷口真知子、絵:亭島和洋)出版記念作品展を大阪と東京で開催します。 ●7月17日(日)~24日(日)大阪 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 7階「Salon de 7」 〒530-0013大阪市北区茶屋町7-20 チャスカ茶屋町 地下1階~7階 (TEL) 06-6292-7383 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『パパの柿の木』が新聞にテレビに!

今日(2016.7.12)の上毛新聞に絵本『パパの柿の木』の作者:谷口真知子さんが紹介されています。 https://www.jomo-news.co.jp/ns/4514682594933717/news.html また、明日(2016.7.13)には箕面市立東小学校で『パパの柿の木』の読み聞かせ授業があります。 その模様を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「当たり前の日々」と「命」の大切さを伝える絵本『パパの柿の木』

日航機事故で突然主人を亡くし、それからの日々を子供たちと懸命に生きてきた女性が、柿の木と子供たちの成長とともに、「当たり前の日々」と「命」の大切さを伝える感動の絵本です! ■体裁:A4判、上製本、本文44頁カラー ■定価:本体1600円+税 ★この本は全国の元気あるすべての書店でお取り扱いできます。店頭にない場合は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』全巻そろえて納品!

堺市立中央図書館と柏原市柏原図書館より『星と泉』創刊号から最新号まで全巻そろえて置きたいとのオファーがありました。 これまでは大阪市立中央図書館と大阪府立中之島図書館には全巻が備わっていましたが、新たに2館が追加されました。 懐かしき「創刊号」 ■お知らせ 最新号の阿南里恵さんのファンの方より「どこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第19号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第19号が出来上がりました! 今号の巻頭特集には、がんサバイバー阿南里恵さんにご登場いただきました。 日本対がん協会の広報担当などをされていたのですが、この3月から大阪に戻り自身の夢を追いかけられています。就活では八尾の建設会社に見事就職し、今では次なる夢として婚活に力を入れておられます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『「枕草子」読み語り』発刊!

文芸投稿誌『星と泉』への投稿者としてお馴染みの池窪弘務さんが、『枕草子』全巻の現代語訳に挑戦! 紙の書籍にすると膨大な量になるため今回は電子書籍CDとして出版です。 原文をすらすら読める電子書籍CDです。 ■A5判・44頁・CD付 ■定価:1000円(本体926円+税(消費税8%))
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊『うつ者の般若心経』出来!

新刊『うつ者の般若心経』が出来上がりました。 うつ病に苦しんでいた著者が般若心経と出会い、いつしかうつ病から解放されます。 現代社会の病に打ち勝った著者が、渾身の思いでその体験と般若心経の力を伝える本です。 取り寄せたいという書店からの注文が、予想外にたくさん来ています! 注目の1冊です。 目 次 ■第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの「あさイチ」で闘病記の役割が紹介されました

本日(2016年5月30日)のNHK「あさイチ」にて、星野史雄さんの闘病記専門古書店「パラメディカ」が紹介され、闘病記の役割について解説されました。 https://www.nhk.or.jp/asaichi/archive/160530/4.html その星野さんは今年4月19日に亡くなられてしまいました。 とても寂しい思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城の夢紡ぎ人「川谷清一」氏が時の人に!

当社から2冊の本『ここにいるから』『めぐり愛つむいで』を出版されている川谷清一氏が、 朝日新聞のトップ記事で紹介されたり、 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000016-asahi-soci テレビ番組「Mr.サンデー」で特集されたりで、 今や時の人になっています。 当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞「被災の写真 結んだ縁」の記事に感動!

当社から2冊も本を出版されている川谷清一氏が、本日(2016年3月3日)の朝日新聞夕刊トップ記事として大きく紹介されています。 被災地で偶然回収した写真に写っているカップルとの奇跡的な感動の出会い。 その内容は朝日デジタルでも3月1日に紹介されています。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傾聴ボランティアが戦争体験の語りを1冊の本に!

会社の近くで傾聴ボランティアをされているグループが、昨年は戦後70年ということでお年寄りの皆さんに戦争体験を聴いて、それを冊子にしようという取り組みをされていました。 でも、本を作った経験がないので何をどうすればよいのか迷っているというご相談を受けました。 そこはご近所づきあいということで、少しばかりお手伝いさせていただくことにしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第18号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第18号が出来上がりました。 今回の特集は、「紙の本の価値を見直す『まちライブラリー』を追いかけて」と題して、いま全国各地に創設されている「まちライブラリー」を取り上げています。 「まちライブラリー」とは、お店やオフィスあるいは個人宅などに、本を持ち寄って共有する本棚をつくる活動のことをい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芥川賞候補2作品を収録『ダフネー』発刊!

2度の芥川賞候補となられた和田ゆりえさんの作品集『ダフネー』が完成しました。 表題作のほか、芥川賞候補となった2作品「光への供物」「鏡の森」を収録しています。 不妊治療に苦しむ女性の、植物への変身願望 密林へと分け入った、若き修道士の喪失と再生 サウナ室に充満する、桃色ジュゴンのような圧倒的肉体 さあ、 非日常へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白い紙に書くエンディングノート』について

終活や介護の雑誌やムック本は、いまだ衰えることなく出版され続けています。 いったいどれを読めばよいのか迷ってしまいますね。 ところで、最近出版された「クロワッサンSpecial特別編成『親を看取る』」のエンディングノートのコーナーでは、ようやく私が主張している白い紙に書く(もしくは大学ノートに書く)エンディングノート的な書き方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南光仁子さんの古希のお祝い

星湖舎から『仁子、あきらめない!』を出版されている南光仁子さんの古希祝いのパーティが、先日10月18日(日)に大阪市天王寺区のホテルバリタワー大阪天王寺で、仁子さんを知るたくさんの人が集まり賑やかに開催されました。 催しをプロデュースしたのは、『仁子、あきらめない!』でも仁子さんの人生を音楽にしてCDも出している光星壮真(星野壮馬)氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「闘病記」新着情報(チーム闘病記2015.10.5)

「チーム闘病記」では「闘病記」の寄贈の受け付けや、新刊あるいは新古書の購入を絶えず行っています。 この1年間で入手した闘病記の情報です。 10月11日(日)~12日(月・祝)に開催される「リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ」の「チーム闘病記」のブースに展示しますので、ぜひ会場で手に取って読んでいってください。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ラジオの力2

『星と泉』第17号の巻頭特集で紹介している隆祥館書店の二村知子さんと、今日ひさびさにお会いしてきました。 店頭で販売している『星と泉』第17号が品薄になったとの連絡があったので、納品がてらの訪問でした。(もう200冊以上売ってくれています!) その二村さんの今の一押しは北康利著『最強のふたり―佐治敬三と開高健―』(講談社刊)だそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第17号 発行!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第17号 2015年6月6日発行 ●巻頭特集は街の本屋さんの代表格「隆祥館書店」の店長二村知子さん。小さな本屋が抱える問題点と未来像を具体的に提言しています。また、今年2月に亡くなられた二村善明さんのラストメッセージを掲載。「本」は日本の文化を育て、それを最前線で支えている本屋の意義が熱く語…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑顔をつなぐダンス~車いすダンス2015.5.24

5月24日(日)14:00から、関西テレビなんでもアリーナで、「SOCIAL PERFORMANCE②~笑顔をつなぐダンス~車いすダンス」が開催されます。 ぜひ、皆さん、車いすダンスの素晴らしいパフォーマンスをご覧ください! と、 言いたかったのですが・・・・・・ 定員270名。 1週間で前売り券、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛況!「関西自費出版文化の輝き」展

昨日から近鉄百貨店上本町店10階文化サロンで始まった「関西自費出版文化の輝き」展。 講演会はイスと机を追加するほどの大盛況です。 同時開催の古写真展「上町台地タイムトリップ」展も人が絶えない状態です。 自費出版の相談も数件ありました。 皆さん自費出版はビックリするくらい高いものだと勘違いされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「OSAKA BOOK FESTA+2015」スタート

昨日、スタンプラリー用のハンコと記念バッジがまちライブラリーより届きました。 いよいよ「OSAKA BOOK FESTA+(大阪ブックフェスタ+)2015」がスタートしました。 星湖舎では、 ①期間中(4月18日~5月17日)の平日13:00~17:00の間「闘病記ライブラリー」を開催しています。 まだ、50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「関西自費出版文化の輝き」展

2015年5月3日から5日までの三日間、近鉄百貨店上本町店文化サロンにて「関西自費出版文化の輝き」展を開催します。 主催は、関西出版ルネサンスです。 関西出版ルネサンスとは、出版社や印刷会社のみならず自費出版に係わるフリーランサーのライター・デザイナー・編集者・校正者・カメラマン、さらには自費出版をした、あるいはこれから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「OSAKA BOOK FESTA+ 2015」に参加します!

4月18日(土)から約1か月間開催される「OSAKA BOOK FESTA+ 2015」に2つのイベントで参加します! ●「闘病記ライブラリー」無料 ・期間中の土日祝日を除く毎日13:00~17:00 ・会場は星湖舎です。 ・闘病記の展示を行います。 ・闘病記の啓蒙のチラシを準備しておきます。 ・主催:チーム闘病記<闘病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしのマチオモイ帖<大阪展>2015 開催!

いよいよ本日から始まりました! 「わたしのマチオモイ帖『日本中がマチオモイ<大阪展>2015』」 http://machiomoi.net/exhibition_2015_osaka/index/ みんなが思い思いに自分の町を紹介した手作りの本を展示するイベントです。 大阪から広がったと言っても過言でないこのイベントは、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『明日からやる気がでる!星空名言集』買いました!

書店でタイトルが目に飛び込み、手に取って中味を少し読んで、すぐ買ってしまいました。 こんな星空の写真集もあっていいのでは、と思っていた企画が実現された内容でした。 心に響く名言と星空写真の様々なバージョンがうまくミックスされています。 まえがきに書いてあります。 「圧倒的なものに触れたとき、思わず心が晴れやかになった。そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊富貴久子写真集『彩々流転転』

素敵な写真集が出来上がりました! 伊富貴久子写真集『彩々流転』 毎日新聞写真部門でグランプリ、コダックフォトコンテスト優秀賞&プリンセス賞、東京都知事賞、キャノン年間最優秀賞、ミノルタフォトコンテスト優秀賞、猫の写真で有名な岩合光昭氏のコンテストで入選など、数々の受賞歴のある女性写真家の集大成の写真集です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more