「当たり前の日々」と「命」の大切さを伝える絵本『パパの柿の木』

日航機事故で突然主人を亡くし、それからの日々を子供たちと懸命に生きてきた女性が、柿の木と子供たちの成長とともに、「当たり前の日々」と「命」の大切さを伝える感動の絵本です! ■体裁:A4判、上製本、本文44頁カラー ■定価:本体1600円+税 ★この本は全国の元気あるすべての書店でお取り扱いできます。店頭にない場合は…
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』全巻そろえて納品!

堺市立中央図書館と柏原市柏原図書館より『星と泉』創刊号から最新号まで全巻そろえて置きたいとのオファーがありました。 これまでは大阪市立中央図書館と大阪府立中之島図書館には全巻が備わっていましたが、新たに2館が追加されました。 懐かしき「創刊号」 ■お知らせ 最新号の阿南里恵さんのファンの方より「どこで…
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第19号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第19号が出来上がりました! 今号の巻頭特集には、がんサバイバー阿南里恵さんにご登場いただきました。 日本対がん協会の広報担当などをされていたのですが、この3月から大阪に戻り自身の夢を追いかけられています。就活では八尾の建設会社に見事就職し、今では次なる夢として婚活に力を入れておられます。…
コメント:0

続きを読むread more

『「枕草子」読み語り』発刊!

文芸投稿誌『星と泉』への投稿者としてお馴染みの池窪弘務さんが、『枕草子』全巻の現代語訳に挑戦! 紙の書籍にすると膨大な量になるため今回は電子書籍CDとして出版です。 原文をすらすら読める電子書籍CDです。 ■A5判・44頁・CD付 ■定価:1000円(本体926円+税(消費税8%))
コメント:0

続きを読むread more

新刊『うつ者の般若心経』出来!

新刊『うつ者の般若心経』が出来上がりました。 うつ病に苦しんでいた著者が般若心経と出会い、いつしかうつ病から解放されます。 現代社会の病に打ち勝った著者が、渾身の思いでその体験と般若心経の力を伝える本です。 取り寄せたいという書店からの注文が、予想外にたくさん来ています! 注目の1冊です。 目 次 ■第1…
コメント:0

続きを読むread more

NHKの「あさイチ」で闘病記の役割が紹介されました

本日(2016年5月30日)のNHK「あさイチ」にて、星野史雄さんの闘病記専門古書店「パラメディカ」が紹介され、闘病記の役割について解説されました。 https://www.nhk.or.jp/asaichi/archive/160530/4.html その星野さんは今年4月19日に亡くなられてしまいました。 とても寂しい思い…
コメント:0

続きを読むread more

自費出版フェア「街道と街角」展!

2016年5月1日(日)から5月4日(水・祝)の4日間、近鉄百貨店上本町店10階「近鉄文化サロン」にて自費出版フェア『街道と街角』展を開催します。 このフェアの内容は: ① 「街道」「街角」をテーマにした書籍の展示と販売 ② 販売書籍や講演会の内容にかかわる絵巻物やパネルの展示 ③ 「街道」や「街角」をテーマにし…
コメント:0

続きを読むread more

宮城の夢紡ぎ人「川谷清一」氏が時の人に!

当社から2冊の本『ここにいるから』『めぐり愛つむいで』を出版されている川谷清一氏が、 朝日新聞のトップ記事で紹介されたり、 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000016-asahi-soci テレビ番組「Mr.サンデー」で特集されたりで、 今や時の人になっています。 当…
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞「被災の写真 結んだ縁」の記事に感動!

当社から2冊も本を出版されている川谷清一氏が、本日(2016年3月3日)の朝日新聞夕刊トップ記事として大きく紹介されています。 被災地で偶然回収した写真に写っているカップルとの奇跡的な感動の出会い。 その内容は朝日デジタルでも3月1日に紹介されています。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2016…
コメント:0

続きを読むread more

緩和ケアシンポジウムに参加して

7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン主催の「第4回緩和ケアシンポジウム」に参加してきました。 今回の「思春期から若年青年世代の緩和ケアを考える」というテーマに興味をひかれました。 15歳~30歳前後の思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult, AYA)をAYA(あや)世代と言うそうです。 …
コメント:0

続きを読むread more

リレー・フォー・ライフ2016関西

リレー・フォー・ライフ・ジャパン神戸さんから本年度のチラシが届きました。 さっそく社内の闘病記本棚に設定しているボードのチラシを差し替えました。 いよいよ今年も春からリレー・フォー・ライフがスタートします。 このがん患者を支援する24時間チャリティイベント「リレー・フォー・ライフ」は、10年前に芦屋とつくばの2会場で始まり…
コメント:0

続きを読むread more

傾聴ボランティアが戦争体験の語りを1冊の本に!

会社の近くで傾聴ボランティアをされているグループが、昨年は戦後70年ということでお年寄りの皆さんに戦争体験を聴いて、それを冊子にしようという取り組みをされていました。 でも、本を作った経験がないので何をどうすればよいのか迷っているというご相談を受けました。 そこはご近所づきあいということで、少しばかりお手伝いさせていただくことにしま…
コメント:0

続きを読むread more

ワン・ワールド・フェスティバル2016

世界につながる国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」が、昨日今日とカンテレ扇町スクエアを中心に開催されました。 以前は会社の近くの大阪国際交流センターで開催され、知人もたくさん参加していたのでよく見に行っていました。 しかし、カンテレ扇町スクエアに移ってからは、初めての見学です。 かつてより、なんだかパワーアップしてい…
コメント:0

続きを読むread more

「チーム闘病記」ケーブルテレビで紹介されました!!

ケーブルテレビJ:COMで「チーム闘病記」の取材を受けました。 その放送が本日(2016.1.19)夕方ありました。 フェイスブックでもご覧いただけるようです。 もし、ご興味のある方は下記のホームページをご笑覧ください。(ホームページの構成はよくわかりませんが、とりあえず1月19日のページで捜してください) https://ww…
コメント:0

続きを読むread more

「バリフェス」に参加して2016.1.16

一昨日(2016年1月16日)、「バリフェス」という障がい者の人たちが企画開催したフェスティバルに「チーム星湖舎」としてブース参加してきました。 聴覚障害、視覚障害、身体障害、発達障害など多く障がい者の人たちと出会えた楽しい時間でした。
コメント:0

続きを読むread more

「『闘病記』本棚」を作りました(チーム闘病記)

社内に小さいながら「『闘病記』本棚」を作りました。 ★ 現在約100点の闘病記を保有しています。 しかし、まだまだたくさんの闘病記があると思います。 そこで、闘病記や患者会の文集を無償提供(寄贈)いただける方々を探しています。 寄贈いただいた闘病記は「チーム闘病記」として様々なイベント(がん患者を支援す…
コメント:0

続きを読むread more

『星と泉』第18号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第18号が出来上がりました。 今回の特集は、「紙の本の価値を見直す『まちライブラリー』を追いかけて」と題して、いま全国各地に創設されている「まちライブラリー」を取り上げています。 「まちライブラリー」とは、お店やオフィスあるいは個人宅などに、本を持ち寄って共有する本棚をつくる活動のことをい…
コメント:0

続きを読むread more

芥川賞候補2作品を収録『ダフネー』発刊!

2度の芥川賞候補となられた和田ゆりえさんの作品集『ダフネー』が完成しました。 表題作のほか、芥川賞候補となった2作品「光への供物」「鏡の森」を収録しています。 不妊治療に苦しむ女性の、植物への変身願望 密林へと分け入った、若き修道士の喪失と再生 サウナ室に充満する、桃色ジュゴンのような圧倒的肉体 さあ、 非日常へ…
コメント:0

続きを読むread more

2016年版花火カレンダー「花・火・列・島」冴木一馬

2016年版花火カレンダー「花・火・列・島」が出来上がりました! 今回のカレンダーの花火はすごいですよ! ぜひぜひご期待ください。 ちらっとだけお見せしますね・・・ サイズ:A2(表紙を入れて写真7枚) 定価:1500円+税<税込:1620円> ■お買い求めは下記のホームページまでお願いします。 http:…
コメント:0

続きを読むread more