ろう者による初の闘病記が完成!

ろう者による初の対談形式・闘病記。 ろう者が医療サービスを受ける際の困り事、医療通訳の現状と課題などを浮き彫りにします。 ろう者、医療従事者必読の書です。 「医療従事者はマスクを外して話してほしい」 「手術室にも通訳を入れたい」 「健聴者とくらべて情報収集ができない」。 ろう者が病気に罹った時、さまざまな問題点が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高次脳機能障害の講演会が今週末に大阪で2つもあります

今週末(土曜・日曜)に大阪では東大阪市と堺市で高次脳機能障害の講演会があります。 いずれも無料です。 高次脳機能障害を知る絶好の機会です。 2月2日(土)13:30~ 大阪商業大学内ユニバーシティーホール蒼天 2月3日(日)13:00~ 堺市産業振興センター 詳しくは下記のチラシをご参照ください。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大阪のがん啓発活動が昔に比べて盛んに

一昔前(5年ほど前)に比べて、大阪でもがんに関わるセミナーやイベントがたくさん開催されるようになりました。 大阪に住むがん患者やその家族には嬉しいことですし、一般市民の方もがんの情報に触れ知識を学べる良い傾向になったと思います。 とりわけ一昨年に成人病センターから新築移転した大阪国際がんセンターの活動が活発になったような気がしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記とは(2)

3.残念な闘病記 闘病記は自伝や自叙伝などいわゆる「自分史」でもあります。 自分史は自己が生きた証として後世に残す目的で書かれます。 今現在、そんな自分史に取り組んでいる人も多いかと思います。 ただ、自分史の多くに見受けられる自慢話や苦労話の押し売りには辟易します。 とりわけ社会的に成功した経営者やタレントの書く自分史に多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘病記とは(1)

1.闘病記とは 闘病記とは、病と闘う患者本人、あるいはそれを側で支え共に闘う家族が、その闘いの記録を綴った書物のことです。 2.闘病記から読者が得られるもの ①病気とどのように向き合い、どのように生きていけば良いのかについて(それは、医師や看護師など医療従事者からは伝わってこない本音の情報です) 例えば、 ・「初期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年(平成31年)新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 星湖舎は本年の7月20日に創業20周年を迎えます。 ここまで幾多の喜びもあれば苦難もありましたが、無事に節目の年を迎えられますことを心より感謝申し上げます。 これからも皆様の思いを出版という形で実現できる会社であり続けていく所存です。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ICU・集中治療室物語』好評発売中!

「ICU」や「集中治療室」について問われ、明確に答えることのできる人は少ないでしょう。 まずイメージするのが、救急車のサイレン音とともに運ばれてくる患者、一刻も争う治療の数々、険しい表情の医師や看護師たち。 それは、救命救急センターのことです。 そこから一命をとりとめた患者が運ばれるのが、「ICU」や「集中治療室」といった施設なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車いすダンスの講演会のお知らせ

車いすダンスのプロ集団「ジェネシスオブエンターテイメント」が、大東市と豊中市で二日連続(12月7日と8日)で講演に挑戦します。 どちらも大きな会場です。 どんなパフォーマンスをしてくれるか楽しみです! 『風のHEROES~車いすダンスの軌跡~』(星湖舎刊:本体1000円+税)をまだお読みでない方は、ぜひご購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回闘病記フェスティバル「闘病を支える力」開催!

いよいよ明日(2018年10月29日)から3日間、第3回闘病記フェスティバル「闘病を支える力」を開催いたします。 本日、設営作業をしてきました。 しかし、一部は明日の朝に追加作業となりました。 「患者会・サポート団体」の部屋が大変なことになりそうです! 今までの2回とは違い大変賑やかな楽しい空間になりそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃやまちキャンサーフォーラム2018に参加します

「ちゃやまちキャンサーフォーラム2018」に参加します。 毎年開催されているがんを知るための大きなイベントです。 日時:10月27日(土)10:30~16:30 場所:毎日放送1階ちゃやまちプラザ(http://www.cancernet.jp/mbscnj/access) セミナーが盛りだくさんです。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ、明日(10月7日)開催!

ひとりじゃない! みんながいるよ! 「チーム闘病記」 がん患者を支援するリレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひは、いよいよ明日(2018年10月7日)開催です。 14:00から翌日(10月8日)の14:00までの24時間チャリティーイベントです。 場所は大阪市立旭区民センターです(http://asahiwardc-o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「チーム闘病記」10月の予定

私ども「チーム闘病記」は、闘病されている患者さんやそのご家族を支援するために活動している、闘病記にかかわるメンバーで構成されたボランティアグループです。 2018年10月の活動予定は次の通りです。 1)リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ https://www.facebook.com/RFLosakaasahi 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報!RFL大阪あさひの講演に手話通訳が付きます!

がん患者を支援する24時間チャリティイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ」の一環として開催される講演に、手話通訳が付くことになりました! 全国約50ヶ所で開催されているリレー・フォー・ライフ・ジャパンですが、おそらく初めての試みだと思います。 その講演会は、 です。 開催日は10月7日(日)、会場はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ2018.10.7~8

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ」2018年開催まであと1週間となりました!! 会場の大阪市立旭区民センターはこちらです → http://asahiwardc-ogbc.jp/map/index.html 私たち「チーム闘病記」もブースで参加します。 当日はさまざまな催しがあります。 スケジュールと見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月21日は世界アルツハイマーデー

先日の日記にも書きましたが本日9月21日は「世界アルツハイマーデー」だそうです。 新聞やテレビでも取り上げられています。 また、認知症の人への支援を象徴する色であるオレンジ色に建造物をライトアップするイベントもされているようです。大阪では万博記念公園の太陽の塔などがライトアップされているそうです。 明日からの三連休でもイベント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニークなキャッチフレーズのがん医療セミナーがあります

9月22日(土)13:00から梅田のブリーゼプラザ小ホールで「がん医療が変わると、がん患者も変わんねん!」というセミナーがあります。 そのキャッチフレーズがユニークです・・・「関西人に贈る、関西人による、関西人のためのがん医療セミナー!(講演は全て関西弁で行われます)」 おもしろいがんセミナーになりそうです。 これまでにい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月21日は世界アルツハイマーデーで各地にてイベント開催

9月21日は世界アルツハイマーデーということでこの週末は各地でイベントが開催されるようです。 http://www.alzheimer.or.jp/?p=13028 関西では、和歌山で独自のイベントが開催され、興味があります。 https://www.facebook.com/events/1155606684577847/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回闘病記フェスティバル開催(10/29~31)

第3回闘病記フェスティバルを開催することになりました。 これまでは春のゴールデンウィークに2回開催した闘病記フェスティバルですが、その2回とも大変な反響を呼びました。 その際に、ぜひ秋にも開催してほしいとのお声がたくさん寄せられ、また会場を貸していただいた近鉄百貨店上本町店文化サロンからも要請がありましたので、今回はじめて秋にも開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリバラで盲ろう者の生活を紹介

NHKの人気番組「バリバラ」で9月2日に盲ろう者の生活が紹介されていました。 http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=838#top NPO法人視聴覚二重障害者福祉センターすまいる 理事長の門川紳一郎さんが推し進める、盲ろう者による自立した暮らしの一端が紹介され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more