10月の大阪は高次脳機能障害の話題でいっぱい!

昨日(2019年10月6日)は大阪府立中央図書館で「第1回大阪高次脳機能障がいリハビリテーション講習会『これが私の暮らし方~高次脳機能障がいとともに~』」が開催され参加してきました。

このあと、大阪ではさらにイベントが続きます。
ご都合良ければ、ぜひご参加してみてください。

■2019年10月13日(日)大阪市立中央図書館にて講演会「高次脳機能障害とは何か 障害と共に生きるとは何か」
・定員:当日先着順300名  参加費:無料
・主催:株式会社星湖舎(チーム闘病記)、NPO法人Reジョブ大阪
・共催:大阪市立中央図書館
・スケジュール:13:00~13:05 主催者挨拶
       13:05~13:50 講演「高次脳機能障害とは」(講師:NPO法人Reジョブ大阪代表理事 西村紀子)
       14:00~15:00 当事者会・家族会からの報告
                   高次脳機能障がい当事者会 東大阪え~わの会/堺チャレンジャーズ+スペシャルゲスト
       15:15~15:55 闘病記の中から高次脳機能障害の本を解説(講師:株式会社星湖舎代表取締役 金井一弘)
       15:55~16:00 お知らせ+閉会の挨拶
・フロアーにて:①当事者会や家族会の活動のチラシやパンフレット類の配布 
        ②高次脳機能障害関係の本の展示(※大阪市立中央図書館所蔵の本)
        ③16:00~16:30相談コーナー
        (講演会後にNPO法人Reジョブ大阪のメンバーや当事者会の代表が高次脳機能障害者やその家族の個別相談を受け付けます)

image.png

■2019年10月14日(月・祝)開演:13:00~閉演:16:30 大阪府立中央図書館ライティホール+大・中・小会議室
高次脳機能障害や失語症の人たちが実行委員を務めるイベント「まるっと文化祭」
主催:関西まるっと文化祭実行委員会
後援:大阪府、東大阪市、大阪府看護協会、大阪府言語聴覚士会
口笛コンサート、小林春彦氏の講演、森剛士氏の講演、交流会、相談コーナー、ワークショップなどがあります。

10月14日大阪府立中央図書館.jpg

★このイベントに合わせて高次脳機能障害者で口笛演奏をする白井伊三雄さんのことを描いた闘病記『いっちゃんは、ビリビリマンー「高次脳機能障がい」なオットと私の日々ー』白井京子著(星湖舎刊)が出版されます。

■2019年10月27日(日)13:00~国立病院機構大阪医療センター災害医療棟にて
「知ってはる?脳卒中!~ならへんためにどうするん?なってしもたらどないする?」
http://www.osakacity-hp.or.jp/ocgh/wp-content/uploads/2019/09/75ca65c8b63255e11d53288e4d03d9bd.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント