星湖舎 本を作った人たちのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘病記とは(2)

<<   作成日時 : 2019/01/14 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3.残念な闘病記

闘病記は自伝や自叙伝などいわゆる「自分史」でもあります。
自分史は自己が生きた証として後世に残す目的で書かれます。
今現在、そんな自分史に取り組んでいる人も多いかと思います。
ただ、自分史の多くに見受けられる自慢話や苦労話の押し売りには辟易します。
とりわけ社会的に成功した経営者やタレントの書く自分史に多いようです。
しかし、闘病記の読者はそんな話を知りたいのではないのです。
知りたいのは闘病に関わる情報なのです。
そのために、わざわざ書籍代を払い時間を割いて読書するのです。
われわれチーム闘病記としては、最近出版される闘病記にそのような傾向が強いことを心配しています。
良い闘病記を選んで情報を提供するためには、著者が有名でもそのような類いの本は推薦しないようにしています。

4.良い闘病記とは

では、良い闘病記とはどのような本なのでしょうか。
まず、
・宗教へ勧誘しない本  
・健康食品やグッズを売りつけない本
・民間療法を積極的に勧めない本
・自慢話や苦労話を押しつけない本
さらに、
・家族や会社(学校)との関わりがしっかりと描かれていて、社会状勢なども書かれている本(家族や社会の描写がまったくなく自分の気持ちしか書かれていない本が多すぎます!)
・病院や医師への悪口や恨み事は読者が納得する表現で書かれている本(医療施設や医療従事者への悪口や恨み事は、ある意味闘病記の特徴であり賢い患者になるための重要な情報でもありますが、恨み節で露骨に描くと読者の反感を買います)
そして、
・治療方法とその過程がわかり医学情報がしっかりと書かれている本(医師や看護師などが書く闘病記はこの点が優れています)

これらの条件を満たしている本が良い闘病記と言えます。

☆     ☆     ☆

★自費出版のセカンドオピニオン
出版は手術と同じで人生にそう何度も経験することではありません。
手術ではセカンドオピニオンを求めるように、出版でもぜひセカンドオピニオンを求めてください。
出版の相談時点で、
 ●出版社や編集者の対応に不安や疑問を感じたとき
 ●制作費用が高いと感じたとき
迷わず自費出版のセカンドオピニオンを受けてください。
チーム闘病記では自費出版のセカンドオピニオンを受け付けています。

〒543-0002 大阪市天王寺区上汐3-6-14-303(星湖舎内)
チーム闘病記 代表:金井一弘
電話:06-6777-3410 FAX:06-6772-2392

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘病記とは(2) 星湖舎 本を作った人たちのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる