星湖舎 本を作った人たちのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘病記とは(1)

<<   作成日時 : 2019/01/13 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1.闘病記とは

闘病記とは、病と闘う患者本人、あるいはそれを側で支え共に闘う家族が、その闘いの記録を綴った書物のことです。

2.闘病記から読者が得られるもの

@病気とどのように向き合い、どのように生きていけば良いのかについて(それは、医師や看護師など医療従事者からは伝わってこない本音の情報です)
例えば、
・「初期症状や治療方法の選択はどうだったのか」
・「再発や転移、副作用の不安とどう向き合ったのか」
・「退院後はどのような暮らしをしているのか」
・「家族はどのように本人と接すれば良いのか」
・「病院や医師とどのように対応すればよかったのか」
・「様々な民間療法の体験記録」

A 生きる「勇気」
闘病記の著者は、貴重な自分達の体験を同じ病気で闘う患者やその家族に役立ててほしいという強い思いで書きます。
そこには人生を前向きに生きた一人の人間の生き様があります。
その生き様に触れることで読者は奮え立ち、あるいは腑甲斐ない自分を省みて涙します。
そして、ふつふつと心や頭や体の中に、今を生きる「勇気」が沸き起ってくるのです。

予告:
次回は「残念な闘病記」「良い闘病記の条件」などをテーマに書きます。

☆     ☆     ☆

★自費出版のセカンドオピニオン
出版は手術と同じで人生にそう何度も経験することではありません。
手術ではセカンドオピニオンを求めるように、出版でもぜひセカンドオピニオンを求めてください。
出版の相談時点で、
 ●出版社や編集者の対応に不安や疑問を感じたとき
 ●制作費用が高いと感じたとき
迷わず自費出版のセカンドオピニオンを受けてください。
チーム闘病記では自費出版のセカンドオピニオンを受け付けています。

〒543-0002 大阪市天王寺区上汐3-6-14-303(星湖舎内)
チーム闘病記 代表:金井一弘
電話:06-6777-3410 FAX:06-6772-2392

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘病記とは(1) 星湖舎 本を作った人たちのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる