「自費出版本に残る戦争の記憶」展2015年8月14日~16日

戦後70年の今年、私ども関西出版ルネサンスでは、8月14日(金)~16日(日)の3日間、近鉄百貨店上本町店文化サロンにて、「自費出版本に残る戦争の記憶」展を開催します。

画像


戦争の体験が記録されている貴重な自費出版本の展示や販売、さらには下記の日程で講演会も実施します。

8月14日(金)13:00~14:30 参加費:1,100円
  「『孫たちへの証言』を発行し続けて28年」
   講師:福山琢磨(㈱新風書房代表・関西出版ルネサンス会長)
   ◎第1部「記憶は記録することで生き続ける」
   ◎第2部「朗読発表会」掲載者に自らの作品を朗読していただきます。
   ※参加者には「落下傘ニュース」を無料で進呈
8月15日(土)11:30~13:30 参加費:900円
  「玉音放送を聴き、70年前の今日を考える」
   講師:福山琢磨
   ◎講演会途中12:00ジャストに玉音放送を聴きます
   ※参加者には「落下傘ニュース」を無料で進呈
8月15日(土)16:00~17:00 参加費:500円
  「真田山旧陸軍墓地について」
    講師:石黒一(NPO法人大楽小楽代表)
   ◎講演会終了後、真田山旧陸軍墓地を訪問し(会場から徒歩15分)、夕方から開催される「万灯会」に参     加します。
    ・「万灯会」参加ご希望者は別途ローソク代500円が必要です。
8月16日(日)11:00~12:00 参加費:700円
  「今そこにある戦争―ウクライナはなぜ戦っているのか」
   講師:小野元裕(日本ウクライナ文化交流協会会長)
   
展示場への入場は無料です。ただし、講演会にはそれぞれ参加費が必要です、ご注意ください。

ぜひ多くの皆様にご来場いただけるよう、心よりお待ち申し上げます。

★なお、会場では自費出版の無料相談コーナーを設けています。原稿の書き方、編集方法、制作コストなど、様々なご質問にプロの編集者がお答えします。

この記事へのコメント