社史制作費用の相場

社史制作費用の相場

長年、社史や経営者の自叙伝制作に携わってきた経験から、社史制作費用の相場を報告します。

社史では「80年史」や「100年史」など、経営者が何代にもわたるものはたいがい800ページを超える大作となります。基本となる資料はそれまで制作されてきたその会社の社史(30年史や50年史)が礎となりますが、原稿のリライトや新たに書き加えなければならない原稿(文字や写真など)の取材&執筆、編集、そして印刷&製本までに3000万円~5000万円はかかると思ってください。
2冊(本編+資料編)の分冊にしたり、DVDなどを巻末に付けたり、カラーページを多用したりなど、さまざまな経費をアップするオプションが考えられます。

一方、創業者がまだ健在な「50年史」くらいだと500ページ前後の本となり、2000万円が相場です。
創業者そのものが実質経営者である「30年史」くらいだと500万円~1000万円の間で作られます。それはまた、経営者の自叙伝も同じ相場だと考えてください。

★社史や経営者の自叙伝のご相談はいつでも承っております。
→ 星湖舎代表:金井一弘 kanai@seikosya.cdx.jp
→ 星湖舎のHP http://sksp.biz/inquiry.html

この記事へのコメント