星湖舎ブックレット5『エンディングノートの書き方』出来!

星湖舎ブックレット5『エンディングノートの書き方-初めてのエンディングノート』が、やっと出来上がりました!

画像


皆さん、こんな経験はありませんか?
書店や文房具店で千円もする高価な『エンディングノート』を買って、いざ机の前に広げて書き始めます。しかし、途中になって「あっ、しまった!」と書いた内容を変更したくなったり、もっと違った表現で書き直したくなったりという経験は……?
初めから思い通りの文章を書ける人はほとんどいません。文章で生計を立てているプロの文筆家でさえも、推敲(すいこう)といって書いては直し書いては直す作業をして、やっと読者に伝わる文章にしているのです。文章を書くということに素人の人が、いきなり市販されている『エンディングノート』を書くということは、そもそも間違ったエンディングノートの使い方なのです。
では、どうすればよいのか? 答えは簡単です。市販されているエンディングノートは参考書代わりにして、実際に書くのは、百円もしないノートに書けばよいのです。大学ノートやメモ代わりの白い紙でよいのです。
この本では、大学ノートに書くことから始めるエンディングノートの書き方を紹介します。
ぜひ皆様、この機会にエンディングノートに取り組んでみてください。

2013年秋、「エンディングノートの書き方」セミナーを5回開催し、合計150人に講演した内容を基礎に、初歩から取り組むエンディングノートの指南書です。

■目次■
エンディングノートの歴史
エンディングノートとは
エンディングノートの構成
「自分史」としてのエンディングノート
「遺言」としてのエンディングノート
エンディングノートの書き方
◎特別付録「自分史について」

■体裁:A5判、本文32頁 
■定価:315円(本体300円+税)
ISBN978-4-86372-056-5 C2377

http://cart05.lolipop.jp/LA06686589/?mode=ITEM2&p_id=PR00102265761

この記事へのコメント