夏の夜の天文ショー

昨日、遅くまで仕事をしたせいでビル街の夜道を歩いて帰る羽目になりました。
間もなく夜が明ける午前4時過ぎ。
ふと夜空を見上げると、下弦の月が明るい星とピタッとくっついて浮かんでいました。
おおっー! 金星食か!!
と一瞬思いましたが、それにしては高い位置に月があり、?と下の方を見ると、もっともっと明るい星、つまり本当の金星が煌々と輝いていました。
木星とのランデブーか、とすぐに思いつきました。
しかし、なんとも神々しい夏の夜の天文ショーです。
幾度となく夜空を見上げながら「すごいなー、すごいなー」と声を出して帰り道を歩きました。

でも二日後、14日(火)の明け方には、今度こそ月が今の位置から少し下がって、金星を食べてしまう(?!)金星食が見られます。
夜1時30分頃に月が地平線から昇ってきます。その横には金星が輝いていることでしょう。
月と金星がしばし並んで(と言うよりも、くっついて!)東の空を昇っていきます。
そして2時40分頃、金星は月の後ろに隠れます。
そして45分後、今度は月の陰になっている暗い面から、金星が再び現われます。
その隠れる瞬間と現れる瞬間は、一生の思い出となるほど感動します。
ぜひ、観測しやすい夏の夜に起こる金星食をご覧になってください。
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120814-lunar-occultation/

そういえば今日から明日にかけては、ペルセウス座流星群が見ごろとなります。
こちらも1時間に30個は流れるそうなので楽しみです。
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120810-perseid/

今年は、金環日食、金星の日面通過、木星食、と明るい星による天文ショーが続く珍しい一年です。
その締めくくりとなる14日の金星食は見逃さないようにしたいものです。

……お天気が晴れますように!


空とぶマネキン人形
星湖舎
加茂 昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空とぶマネキン人形 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





空とぶマネキン人形 [ 加茂昭 ]
楽天ブックス
加茂昭 星湖舎発行年月:2012年01月 ページ数:99p サイズ:単行本 ISBN:9784863


楽天市場 by 空とぶマネキン人形 [ 加茂昭 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント