関西圏大学出版会講演会(第1回)

本日(2012年2月5日)、ジュンク堂書店難波店にて、JUNKU難波トークセッションとの共催で「関西圏大学出版会」講演会第1回が開催されました。

画像


■2月5日(日)午後2時~4時
1.「本の周辺」永井 伸和氏(「本の学校」運営委員、今井書店グループ会長)
2.「大学出版の魅力」濱 森太郎氏(三重大学出版会編集長&常務理事、文学博士、三重大学名誉教授、芭蕉研究の権威)

画像


テーマが本に関わる内容だったので、立見も出るほどの盛況ぶりでした。

さて、再来週、2月19日は私もスピーチします。
ご期待ください!

■2月19日(日)午後2時~4時
1.「学術出版物 作る側の苦労と売る側のいいぶん」
金井一弘(大阪公立大学共同出版会編集長、株式会社星湖舎代表取締役)×福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)
2.「環山楼市民塾をめぐって大学と地域連携と出版」岩村 等(大阪経済法科大学法学部教授)

この記事へのコメント