自費出版のセカンドオピニオンについて

星湖舎では、「自費出版のセカンドオピニオン」というサービスをしています。

医療の世界では医師の診断や治療法が適切かどうか、患者が別の医師の意見を求めることができ、納得のいく治療に専念することができます。
ところが、自費出版の世界では、一旦出版相談を持ちかけると、相見積もりを取ることもままならず、そのまま出版まで至って後悔されているというケースをよく耳にします。もっと気軽に他社の意見を聞けるサービスがあれば、そのような思いもせず出版に取り組んでいただけるはずです。

そこで、星湖舎では、これから自費出版に取りかかろうとお考えの皆様や、すでに行動を起こしておられる皆様へ、気軽に「第二の見解(セカンドオピニオン)」をご提供するサービスを行っています。

これまでにも数多くのご相談をいただきました。80万円で充分満足のいく出版物ができるのに240万円もふっかけられているケース。500冊出版する費用を全額負担するのに、著者自らの初版の所有権が50冊しかないケース。応募した作品に対して、落選したのに著者を唆しさかんに自費出版を勧める悪質商法。などなど、相談ケースはきりがありません。

そのようなご相談を無料で行い、健全なる自費出版の未来のために、納得のいく自費出版をしていただける時流を作っていきたいと思い始めたサービスです。

   ▼

次のような方は、ぜひ一度お試しください。

(1)制作費が高いのでは?と思っておられる方

(2)出版社の対応に疑問を感じておられる方

   ▼

お尋ねの際には、具体的な数値(制作部数・ページ数・写真の点数など)や体裁(判型・製本の
方法など)を教えていただきますと、より詳細な判断をさせていただきます。

メールへの記入方法は、箇条書きで結構です。
件名には「自費出版のセカンドオピニオン希望」もしくは「自費出版の相談」とお書きください。

メール:mybookpress@yahoo.co.jp

この記事へのコメント