さよならジュピター

夕方の西空に明るく輝いている星があります。
木星、ジュピターです。
木星は、全天の星の中では金星の次に明るい星です(1番は太陽、2番は月、3番は金星……5番はシリウス)。
3、4日前には三日月が近くに並び、幻想的なランデブー現象が見られました。
その木星がしばらく見られなくなるようです。

本日、大阪市立科学館友の会の会報「月刊うちゅう」が届きました。
それによると、これから木星は数ヶ月、太陽をはさんで地球とは反対側に移るそうです。
そして、5月頃には、今度は明け方の東の空に見えることになります。

しばし、夜空をにぎわせていた木星ともお別れです。
もし、本日、夕方の空が晴れていたら、西の空に明るく輝いている木星を見納めしておきましょう。

画像


★写真はミクシィの友人であるそめやん様からご提供いただきました。綺麗な木星の写真です。感謝!

☆補記
実は、2010年、木星のシマ模様が1本消えるという大事件がありました。
原因は低空からアンモニアの氷が湧き上がり、シマを覆い隠したのではないかと推測されていますが、定かではありません。
40年ぶりの大事件でした。本来は南北2本のシマ模様があります。
今はシマ模様が2本に戻る兆しが出てきているようです。
(参考文献:「月刊うちゅう」2011年1月号)




さよならジュピター〈上〉 (ハルキ文庫)
角川春樹事務所
小松 左京

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さよならジュピター〈上〉 (ハルキ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




さよならジュピター〈下〉 (ハルキ文庫)
角川春樹事務所
小松 左京

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さよならジュピター〈下〉 (ハルキ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント