『星と泉』第4号出来!

新時代の全方位型投稿誌『星と泉』第4号が出来上がりました!

画像


◎特集「書籍出版の未来予測の基礎知識」
 ・書籍だけで生き残る出版社は小型化されていく
 ・商業出版は儲からないから自費出版に向かう
 ・著者が直接読者に本を販売する→ますます書店は淘汰されていく
  その一方でネットでの購入が当たり前となる、などなど。
◎私の読書時間:大阪市中央図書館課長 高橋俊郎
 全国最大規模の公共図書館の現状と未来への展望、そして織田作之助への思い。
◎新連載!マキとチホの大人の文芸部 第1回「佐紀・佐保路をゆく」
◎「闘病記」研究について……闘病記は医療者教育に役立つのか
●掲載作品への批評……作品評を読んでから作品を読む楽しみ! 読者覆面座談会もあり!

■体裁:A5判、本文188頁
■定価:525円(本体500円+税)
ISBN978-4-86372-009-1 C0095

http://cart05.lolipop.jp/LA06686589/?mode=ITEM2&p_id=PR00101844866

この記事へのコメント