2009年 年賀のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

本年、7月20日、久しぶりに「海の日」と国民の祝日が重なります。
10年前のその日、国民の祝日である海の日に星湖舎は創業いたしました。
本年は創業10周年にあたります。
ここまで継続できましたのも皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。

また本年は「世界天文年」の年です。
今から400年前に、イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡で宇宙を観測しました。
それは人類が宇宙への扉を開いた瞬間です。
国際連合、ユネスコ(国連教育科学文化機関)、国際天文学連合は、この2009年を「世界天文年(International Year of Astronomy:略称 IYA)」と定めました。
世界中の人々が夜空を見上げ、宇宙の中の地球や人間の存在に思いを馳せ、自分なりの発見をしてもらうこと。
それが世界天文年の目的だそうです。

星湖舎も、ひとりひとりの皆様の思いや生き様や、文化的な創造力を大切にし、それを本にするお手伝いをしてまいりたいと思います。
皆様も、ぜひこの1年、1人の人間として、そのかけがえのない存在を意識し、自分なりの発見をしていただきますようお願い申し上げます。

皆様の幸せを祈りつつ、年頭のご挨拶とさせていただきます。

この記事へのコメント