国際宇宙ステーションを見よう!

画像

夜明け前はめっきり寒くなりましたが、明け方の夜空に国際宇宙ステーションを探してみませんか?

国際宇宙ステーション(略称ISS)とは、2010年の完成を目指して、アメリカや日本、ESA(欧州宇宙機関)などが協力して建設を進めている宇宙ステーションのことです。
地上から約400km離れた地球周回軌道上に浮かび、約90分で地球を回っています。
その国際宇宙ステーションを地上から、日の出前と日没後の2時間ほどの間に肉眼で見ることができるのです。
もちろん、写真のような姿が見えるわけではありません。
光の点が星空を横切っていくのが見えるだけですが、人工の天体をこれまで見たことがない人は、一度ご覧になっておくのも良い経験だと思います(ちょっと寒いですが…)。
ちなみに12月8日(金)の明け方5時30分頃、関東から九州方面にかけて良く見えるコースを通るようです。

いつ、どの角度で見えるかという情報を紹介しているホームページがあります。
http://kibo.tksc.jaxa.jp/
初心者の方はまず「ISSの探し方と注意事項」をご覧になってください。
また、「皆様から送っていただいた写真」のコーナーでは、こんなふうに見えるのだと言うのが、あらかじめ知ることができます。
「国際宇宙ステーション」のところを進んでいくと、それぞれの観測地での詳しい情報(星座のどの辺りを何時何分に横切っていくか)がわかります。

気持ちを宇宙に馳せるために、私はこのホームページをお気に入りに入れています。
皆さんも、いかがですか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック