七夕と「いくたま夏祭り」

気がつけば7月になっています。
本日4日は天文カレンダー「太陽・月・星のこよみ」によると、今年一年の中で地球がもっとも太陽から遠い日だそうです。
地球は太陽の周りを楕円を描きながら回っているので、日によって太陽との距離が変化するわけですが、一番遠いなら涼しいはずでは?と愚痴をこぼしてしまいます。

ところで、まもなく七夕。
ここ数年、大阪では七夕の日は雨か曇りで星空を見ることができないのですが、しばし仕事を忘れて星空に思いを馳せたいものです。
おっと! 今年はその七夕の日に、とても素敵な詩集が出来上がってきます。
星湖舎のホームページでも紹介させていただきますので、しばらくお待ちください。

もうひとつ、この時期になると、気持ちがそわそわして仕事が落ち着いてできなくなる二日間があります。
昨年のこの時期の日記にも書きましたが、星湖舎の編集部は生玉(いくたま=生國魂とも書きます)神社のすぐ近くにあります。
今、耳を澄ますと太鼓の音がときどき聞こえてきます。
間もなく始まる夏祭りの練習をしているようです。
7月11日(火)、12日(水)がお祭りの期間です。
大阪の三大夏祭りだそうなのでスゴイ数の夜店が立ち並びます。
周辺の道路も歩行者天国になったりと、この二日間は正直、仕事をしているのが嫌になります。

そうそう、街で見かける今年の「いくたま夏祭り」のポスター(大きい方)は、かっこいいデザインですね。
どこのデザイン事務所が考えたのでしょうか。
写真を載せておきます。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック