立冬~火星・地球・太陽一直線の日

11月7日(月)は立冬です。
この日、火星と地球と太陽が一直線に並ぶそうです。
日没後、東の地平線上を上がってくる火星は、夜のとばりが降りると近くに明るい星がないので、その赤々とした輝きがひときわ目立ちます。
金星も宵の明星として、この時期夕空に輝いています。火星・地球・太陽の直線上からは少し外れますが、宇宙の彼方から眺めればほぼ直線上に位置していると言っても良いでしょう。

この時期、夏の汚れた空に比べると、非常に澄んだ安定した夕空が期待できます。
夕刻、西の空、金星を目撃された方は、振り返って東の空に赤い火星を探してみてください。

この記事へのコメント