エミコ・シールさんのこと

画像
もう一昨日になりますが、関西圏ではMBS毎日放送の夕方の番組「Voice」で、エミコ・シールさんの特集がありました。東京では4日(月)の筑紫哲也さんの番組で流れたそうです。
エミコ・シールさんは、1965年東京生まれの大阪育ち。22歳の時、自分へのプレゼントとして世界一周への夢に向かって、まず日本一周からスタート。そして、バイクを自転車に乗り換えてオーストラリアから、東南アジア、北米、中南米とアメリカ大陸を横断。その後もアフリカ大陸を縦横断し、ユーラシア大陸も横断! ところが、77カ国目のパキスタンで体調の不良を訴え、診察の結果子宮ガンと判明。帰国して子宮の摘出手術をするも、世界一周の夢の続きを諦められなくて足の付け根の筋肉までとらないでほしいと嘆願。このように文章では淡々とその人生を紹介できますが、その生き様は平凡な私たちを打ち据えてやみません。そのエミコさんの再出発の様子を紹介したのが、今回の番組でした。3ヶ月挑戦しては日本に戻ってきて療養するという生活がこれからも続き、世界一周の夢を実現するそうです。私たち日本人の中には、そのような必死に生きている人がたくさんいることを知り、命を粗末にする事件が多い中、もっと人生を大切にしたいと思います。
エミコさんのことは、川谷清一著『めぐり愛つむいで』の中でも紹介されていますので、ぜひ読んでほしいと思います。
※写真は川谷清一撮影『めぐり愛つむいで』より(一緒に写っている男性はオーストラリアで知り合った最愛のパートナー、スティーブ・シールさん)
めぐり愛つむいで

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 自分で 自分に 『喝!』

    Excerpt: 6月 仕事が少しだけ忙しく ストレスが溜まり 体調が悪くなり 7月 何度も病院に行きました 診察の結果は全て良く  私の 取り越し苦労 でした 『喝!』 私みたいな性格は 最終警.. Weblog: get angry racked: 2005-09-04 18:10